生年月日データベース

菅田俊

俳優[日本]

1955年 2月17日

菅田 俊(すがた しゅん、1955年2月17日 - )は、日本の俳優。
本名は渋谷 昌道(しぶや まさみち)。
ティー・アーティスト所属。
来歴・人物 山梨県富士吉田市出身。
身長187cm、体重80kg。
山梨県立吉田高等学校、東京経済大学卒業。
大学時代は、コロナ2000GTで土曜夜に走り屋として過ごした。
並行して18歳から21歳にかけては、当時流行のヤクザ映画の世界に憧れて的屋の一員としても働いた。
大学卒業後は不動産会社に就職し、ゴルフ場で働く会社員になるが、勝新太郎や菅原文太に憧れ、高校時代より師事していた詩人の竹内てるよの口添えで東映プロデューサーの俊藤浩滋を紹介してもらい、東映へ出入りするようになる。
当初は本名のまま『電子戦隊デンジマン』『特捜最前線』などのテレビドラマに端役として出演。
やがて、菅原の付き人となり、菅原文太の「菅」、鶴田浩二の「田」、俊藤浩滋の「俊」を貰い、芸名を「菅田 俊」とする。
『特捜最前線』では犯人役で出演したが、同時期に『仮面ライダーZX』の特番の主演が決まっていたため、子供番組でのマイナスイメージを避けて顔出しは見送られた(影を入れて隠していた)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

俳優。1955年2月17日生まれ。山梨県出身。本名・渋谷昌道。 元阪神タイガースの大エースで現メジャーリーガー・藪、天才ミュージシャン・スガシカオ等数多くの各界の著名人を輩出した東京経済大学卒業の輝かしい学歴を持つ。 大学卒業後、一度は就職するが俳優の道を志し、東映の門を叩く。菅原文太に師事し、菅原文太の「菅」、鶴田浩二の「田」、東映プロデューサー・俊藤浩滋の「俊」を拝借し、芸名を「菅田俊」とする。 1984年「10号誕生!仮面ライダー全員集合!!」では10号ライダーZX・村雨良役で初の主役を演じる。その後東映を離れ、唐十郎率いる劇団状況劇場に入団、活動の中心を舞台へと移す。劇団唐組の創立に参加した後、1987年映画「あぶない刑事」の屈強な傭兵・豹藤幸次郎役で映像の世界へカムバック。 以後、数多くのテレビ・映画に出演、悪役からコミカルな役まで幅広くこなす個性派としての地位を確立。 2003年にはハリウッド映画「キル・ビル」「ラストサムライ」に出演し、三船敏郎、松田優作、渡辺謙に並ぶ国際派スターの仲間入りを果たす。 2006年、竹野内豊、チェ・ジウ主演「輪舞曲〜ロンド〜」に出演、圧倒的な存在感を魅せている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アーティスト
  • エピソード
  • オリジナル
  • ゲーム
  • ティー
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • 仮面ライダー
  • 出典
  • 出演
  • 吹替
  • 映画
  • 洋画
  • 舞台
  • 所属