生年月日データベース

大村直之おおむらなおゆき

プロ野球選手[日本]

1976年 2月13日 生 (満42歳)

大村直之 - ウィキペディアより引用

大村 直之(おおむら なおゆき、1976年2月13日 - )は、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手(外野手)。
プロ入り前 育英高等学校在籍時に1993年の第75回全国高等学校野球選手権大会で優勝。
その後、ドラフト会議で近鉄バファローズから3位指名を受けて入団。
近鉄時代 1995年は1番打者に定着して110試合に出場。
1998年はシーズン通して安定した活躍を見せて初の打率3割到達、23盗塁を記録したほか、ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得した。
その活躍が認められ、背番号を7に変更したが、1999年・2000年は盗塁も打率も伸び悩んだ。
妻は西宮市立深津中学校時代の同級生で看護師をしており、野球に興味がなかった為に大村のプロ入りを知らなかった。
プロ4年目のオフに再会し、1998年に結婚。
1男1女を儲けて家族仲は大変良く、ソフトバンク移籍時は一家で福岡へ転居。
2007年12月には週刊ベースボールに食卓を囲む一家の写真が掲載された。
2001年の開幕前に、それまで拳一個分以上短く持っていたバットをグリップ部分から握る通常の形にしたところ、前年は3本だった本塁打が大幅に増加し、打率.271・16本塁打・53打点の成績を残す。

■ 音楽作品

プロ野球選手(外野手) 1976年2月13日生まれ。兵庫県西宮市出身。O型。左投左打。 2年目の1995年に110試合に出場し中堅手として一軍に定着する。1998年には武藤孝司?との俊足一・二番コンビとして定着、オールスターにも出場し、本塁打も記録。 その後打率がやや低迷し、一部ファンや応援団と揉めたりもしたが、2001年には16本塁打を放ち、1番打者としてバファローズのリーグ優勝に貢献した。足は速いのだが、とっさの判断が苦手で盗塁数も少ない時期があった。また、日本シリーズで手袋を外している時に牽制球でアウトになるなど、時々ポカもやらかす。それでも強打者ぞろいの近鉄外野陣でレギュラーを守り続けていたのは、打撃だけでなく守備の貢献も大きかったからだろう。 現在も不動の1番打者として活躍。俊足・守備の名手としてチームを牽引。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 打撃
  • 選手
  • オリックス
  • ソフトバンク
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • 兵庫県
  • 外野手
  • 守備
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 現役
  • 理念
  • 表彰
  • 西宮市
  • 記録
  • 詳細
  • 走塁
  • 近鉄
  • おおむら
  • 出身
  • 大村
  • 直之
  • 背番号