生年月日データベース

三浦弘行みうらひろゆき

将棋棋士[日本]

1974年 2月13日

三浦弘行 - ウィキペディアより引用

三浦 弘行(みうら ひろゆき、1974年2月13日 - )は、日本の将棋棋士。
棋士番号204。
群馬県高崎市出身。
西村一義九段門下。
既婚。
戦績 1995年、棋聖戦でタイトル戦初挑戦。
羽生善治との五番勝負は0勝3敗で敗れた。
翌年1996年の棋聖戦で2年連続挑戦者となり、当時七冠を独占していた羽生を3勝2敗で破って初のタイトルを獲得した。
羽生七冠の一角を崩した棋士として、一躍、時の人となる(棋聖位は、翌1997年、屋敷伸之に奪われる)。
1998年度、新人王戦で、決勝三番勝負で畠山成幸を下して優勝。
1998年度から2000年度の順位戦で3期連続昇級を果たし、2001年度には棋士番号200番台の棋士として初めてA級八段となる。
2002年度、NHK杯の決勝で先崎学を破って優勝。
朝日オープン将棋選手権で、第22回(2003年度)から3期連続でベスト4に進出。
2005年、竜王戦1組で優勝。
決勝トーナメントでも挑戦者決定三番勝負に進むが、木村一基に敗れ、8年ぶりのタイトル戦登場はならず。

■ 関連書籍

将棋のプロ棋士。 1974年2月13日生まれ。群馬県群馬郡群馬町*1出身。(馬が揃って将棋的に縁起がいい) 1996年の棋聖戦で3勝2敗で羽生善治を破り、七冠の一角を最初に崩した。 *1:現在は高崎市の一部。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 戦績
  • 出典
  • 将棋
  • 棋士
  • エピソード
  • クラス
  • タイトル
  • 一般
  • 優勝
  • 在籍
  • 大賞
  • 履歴
  • 幸運
  • 成績
  • 昇段
  • 棋戦
  • 棋風
  • 獲得
  • 群馬県
  • 著書
  • 西村一義
  • 関連
  • 順位
  • 高崎市
  • 出身
  • 既婚
  • 番号
  • 門下