誕生日データベース

ピエルルイジ・コッリーナPierluigi Collina

サッカー審判[イタリア]

1960年 2月13日

ピエルルイジ・コッリーナ - ウィキペディアより引用
ピエルルイジ・コッリーナ(Pierluigi Collina, 1960年2月13日 - )は、イタリアのサッカー審判員。
ボローニャ出身。
スキンヘッドと鋭い目つきが印象的なサッカー界では有名かつ存在感のある審判員。
イタリア語・英語・スペイン語・フランス語に堪能で、的確なレフェリングは一目置かれ、サッカーの大一番の試合で笛を吹くこともしばしばあった。
1999年から5年連続でFIFA最優秀審判員に選出された。
ボローニャ大学経営学部および法学部を卒業しており、ファイナンシャル・アドバイザーとしての顔をも持つ。
子どもの頃、地元のサッカークラブではディフェンダーであったが、1977年、17歳にして審判の育成課程を選択。
20代にしてイタリア各地で審判を務めるようになり、1991年にはセリエBやセリエAでデビューを果たす。
1995年には国際審判員の資格を取得。
2002 FIFAワールドカップでは札幌ドームのアルゼンチンVSイングランド戦、宮城スタジアムの日本VSトルコ戦そして横浜国際総合競技場での決勝戦・ブラジルVSドイツ戦の笛を吹いた。

■ 関連書籍

  • タイトル
    ゲームのルール
    著者
    ピエルルイジ・コッリーナ
    発売元
    NHK出版
    発売日
    2003-08-25
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 114 より

「ピエルルイジ・コッリーナ」と関連する人物

連想語句
  • サッカー
  • 審判
  • ボローニャ
  • イタリア語
  • スキン
  • スペイン語
  • ディフェンダー
  • フランス語
  • ヘッド
  • 大学
  • 英語
  • 語録
  • 関連
  • アドバイザー
  • イタリア
  • クラブ
  • ファイナンシャル
  • レフェリング
  • 優秀
  • 出身
  • 卒業
  • 各地
  • 国際
  • 地元
  • 大一番
  • 子ども
  • 存在感
  • 学部
  • 有名
  • 法学部
  • 的確
  • 目つき
  • 経営
  • 育成
  • 試合
  • 課程
  • 連盟
  • 連続
  • 選出
  • 選択