生年月日データベース

フランキー堺ふらんきーさかい

俳優コメディアン司会者[日本]

1929年 2月13日

1996年 6月10日 死去肝不全享年68歳
フランキー堺 - ウィキペディアより引用

フランキー堺(フランキー さかい、1929年(昭和4年)2月13日 - 1996年(平成8年)6月10日)とは、鹿児島県鹿児島市出身のコメディアン、俳優、ジャズ奏者(ドラム)、司会者。
本名は堺 正俊。
来歴・人物 父親は鹿児島の士族の家系の出身。
また、明治・大正時代に活躍し、映画『ノンキナトウサン』の主役としても知られる曾我廼家五九郎は親戚にあたる。
鹿児島県師範学校附属小学校(鹿児島大学教育学部附属小学校)在学中、ボーイソプラノの歌い手として注目され、合唱団としてNHK鹿児島放送局のラジオ番組に出演。
一家で東京大田区池上へ引越し、池上第二小学校、私立麻布中学校を経て慶應義塾大学法学部卒業。
中学時代の同級に、小沢昭一、加藤武がいた。
1946年8月のバレエ「白鳥の湖」日本初演(第一次東京バレエ団)では男性ダンサーが足りず、立ち役は早稲田、慶應、上智の各大学の演劇部の学生が演じ、慶応大学法学部の学生だったフランキー堺も出演している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

俳優。落語家。大学教授。本名は堺正俊。慶應義塾大学法学部卒。 故人。 1929年2月13日生まれ。鹿児島県出身。 戦後を代表する喜劇俳優。ジャズドラマーとしても有名。 映画の代表作は『幕末太陽伝』『私は貝になりたい』(テレビ・ドラマ及び映画)。 『モスラ』『世界大戦争』などのSF作品でも活躍。 『喜劇駅前シリーズ』『社長シリーズ』などにも出演した。 1980年、朝日放送・松竹によるテレビシリーズ『赤かぶ検事奮戦記(原作:和久峻三)』がスタート。名古屋弁丸出しでどこかコミカルな人物像は、もともとのフランキーの明るいキャラクターに加え、『旅行シリーズ』でタッグを組んでいた監督・瀬川昌治とのコンビネーションも抜群で、一躍人気シリーズとなり高視聴率を記録。初作を含めてテレビシリーズ5作品、テレビスペシャルシリーズは現在も製作が続けられている*1。 同じく朝日放送・松竹の看板時代劇「必殺シリーズ」にも出演。必殺シリーズ初のテレビスペシャル『恐怖の大仕事』で共演した中条きよしを、工藤栄一と共に当時必殺シリーズのプロデューサーであった山内久司(朝日放送)にレギュラー出演を推薦。結果として『新必殺仕事人』から登場する人気キャラクター「三味線屋勇次」誕生に繋がり、その後の必殺ブームにも貢献した。 俳優業の傍らでは、大阪芸術大学の教授としても活躍。桂文楽の弟子「桂文昇」の名で噺家としての顔も持っていた。 また、江戸時代の絵師で今も謎に包まれている「東洲斎写楽」の生涯に追い続けていたフランキーは、1995年『写楽 Sharaku(監督:篠田正浩)』を企画。「堺 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • コメディアン
  • ジャズ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラム
  • バラエティ
  • 俳優
  • 出場歴
  • 劇場
  • 司会者
  • 映画
  • 紅白歌合戦
  • 著書
  • 関連
  • 鹿児島市
  • 鹿児島県
  • セット
  • 作品
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 奏者
  • 本名
  • 正俊