生年月日データベース

ウィリアム・ショックレーWilliam Bradford Shockley Jr.

物理学者[アメリカ]

1910年 2月13日

1989年 8月12日 死去享年80歳
ウィリアム・ショックレー - ウィキペディアより引用

ウィリアム・ブラッドフォード・ショックレー・ジュニア(William Bradford Shockley Jr.、1910年2月13日 - 1989年8月12日)は、アメリカの物理学者、発明家。
ジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテンと共にトランジスタを発明し、3人で1956年のノーベル物理学賞を受賞。
ショックレーは1950年代から1960年代にかけてトランジスタの商業化を試み、そのために電子工学関連の技術革新が育まれ、カリフォルニアに「シリコンバレー」が生まれる出発点となった。
晩年にはスタンフォード大学の教授となり、優生学の熱心な支持者となった。
生涯 前半生 ロンドンで生まれ、カリフォルニア州パロアルトで育つ。
父ウィリアム・ショックレー・シニアは鉱山技師で、8カ国語を話した。
母はアメリカ西部出身のスタンフォード大学卒で、アメリカ初の女性採掘測量士補となった人物である。
1932年、カリフォルニア工科大学で学士号を取得。
まだ学生だった1933年8月にアイオワ出身のジーン・ベイリーと結婚。

■ 関連書籍

William Bradford Shockley Jr. 物理学者、発明家。ノーベル物理学賞受賞者。 1910年2月13日、生まれ。1989年8月12日、死去。 トランジスタの共同発明者の一人として、1956年にノーベル物理学賞を受賞した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • トランジスタ
  • 優生
  • ショックレー
  • 受賞
  • ウォルター
  • シリコンバレー
  • ジョン
  • スタンフォード
  • ノーベル
  • バーディーン
  • ブラッテン
  • 人口
  • 前半生
  • 半導体
  • 大学
  • 物理学
  • 物理学賞
  • 生涯
  • 発明家
  • 研究所
  • 統計
  • カリフォルニア
  • メリカ
  • 出発点
  • 商業
  • 工学
  • 技術革新
  • 支持者
  • 教授
  • 晩年
  • 栄誉
  • 発明
  • 関連
  • 電子