生年月日データベース

安岡正篤やすおかまさひろ

陽明学者[日本]

1898年 2月13日

1983年 12月13日 死去享年86歳

安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年(明治31年)2月13日 - 1983年(昭和58年)12月13日)は陽明学者・思想家。
現在の大阪市中央区旧順慶町において、父・堀田喜一、母・悦子の四男として誕生。
1904年(明治37年)大阪市道仁小学校入学。
四書の「大学」から素読を始める。
1910年(明治43年)大阪府四条畷中学校入学。
卒業までの五年間、歩きながら書を読んで電柱にぶつかったり、牛に突き当たったりしたという伝説が生まれる。
中学校では剣道部に所属。
一方で、近所の春日神社神官浅見晏斎に見出され、漢詩に親しみ、さらに柳生藩大参事であった陽明学者岡村達より感化を受ける。
第一高等学校に首席で入学し、東京帝国大学で上杉慎吉に師事。
1922年(大正11年)に東京帝国大学の卒業記念として執筆され出版された『王陽明研究』が反響を呼ぶ。
大学卒業後に文部省に入省するも半年で辞し、「東洋思想研究所」を設立、当時の大正デモクラシーに対して伝統的日本主義を主張した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

国家主義者・陽明学者。大阪生。東大卒。国家主義団体行地社に参加後、私塾金鶏学院を設立、日本精神を鼓舞して新官僚に影響を与えた。のち、国維会に参加、戦後は全国師友協会会長となり、憲法の会、新日本協議会などを設立。憲法改正運動、安保推進運動などを行い、戦後の歴代首相の指南役を務めた。著書に『東洋倫理概論』『王陽明研究』等。昭和58年(1983)歿、85才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大阪市
  • 中央区
  • 世評
  • 出典
  • 図書
  • 大阪府
  • 思想
  • 注釈
  • 現在
  • 著作
  • 訳書
  • 逸話
  • 金剛峯寺
  • 関連
  • 陽明学
  • 高野山
  • 喜一
  • 四男
  • 堀田
  • 実兄
  • 尋常
  • 小学校
  • 座主
  • 悦子
  • 明治
  • 田真
  • 素封家
  • 誕生
  • 長堀
  • 順慶