誕生日データベース

トマス・ロバート・マルサスThomas Robert Malthus

経済学者[イギリス]

1766年 2月13日

1834年 12月29日 死去享年69歳
トマス・ロバート・マルサス - ウィキペディアより引用
トマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日 - 1834年12月23日)は、イングランドのサリー州ウットン出身の経済学者。
古典派経済学を代表する経済学者で、過少消費説、有効需要論を唱えた人物として知られる。
父は弁護士で植物学者のダニエル・マルサスで、啓蒙主義者である。
彼はジャン=ジャック・ルソーやデイヴィッド・ヒュームと親交があり、マルサスの生年1766年に自宅にルソーとヒュームを招待している。
Malthusの名前の由来はMalthouse(麦芽製造所)、つまりウィスキー工場とされている(ジョン・メイナード・ケインズ 『J.M.ケインズ 人物評伝』 75頁より)。
その第2子として生まれ、家庭教師から指導を受け、また父からもきめ細かな教育を受けた。
18歳でケンブリッジ大学ジーザス・カレッジに入学し、数学と文学を学び、1788年に卒業した後、キリスト教執事を目指して勉学に励んだ。
その間の1796年に『危機』を著した。
出版はしなかったが、これが最初の著書となった。
1793年、母校のケンブリッジ大学ジーザス・カレッジにて特別研究員となり、1805年には東インド・カレッジ(通称ヘイリーベリー・カレッジ)の教授となった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 経済
  • 学者
  • イングランド
  • サリー
  • 古典
  • 影響
  • 思想
  • 有効
  • 消費
  • 関連
  • 需要
  • ウットン
  • グランド
  • 代表
  • 出身
  • 拡大