生年月日データベース

植村直己うえむらなおみ

登山家、冒険家[日本]

1941年 2月12日

1984年 2月13日 死去遭難享年44歳
植村直己 - 登山家、冒険家

植村 直己(うえむら なおみ、1941年(昭和16年)2月12日 - 1984年(昭和59年)2月13日頃)は、日本の登山家、冒険家。
兵庫県出身。
1984年に国民栄誉賞を受賞。
1941年2月12日、兵庫県城崎郡日高町(現豊岡市)で、植村藤治郎・梅夫妻の末っ子として生まれる。
実家は農家。
藤治郎の3代前の「植村直助」から「直」の字を取り、干支の巳と合わせて「直巳」と名付けられたが、町役場の戸籍担当職員の誤字により戸籍名は「直已」として登録された。
のち、大学時代から「巳(へび)より己(おのれ)の方が格好良い」ということで「直己」を名乗るようになった。
少年期より同郷の加藤文太郎(浜坂町(現在の新温泉町)出身)に憧れ、学校行事で登った蘇武岳を皮切りに但馬の嶺々への山行を始める。
兵庫県立豊岡高等学校卒業後、豊岡市の新日本運輸(現在は廃業)に就職。
翌1960年に明治大学農学部農産製造学科に入学、山岳部へ入部してからは登山に没頭。
同じ明治大学山岳部の小林正尚のアラスカ旅行で氷河を見て来た話を聞いて、海外の山へ憧憬を抱くようになる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

うえむらなおみ [生]1941.2.12.兵庫[没]1984.2.16.マッキンレー山頂付近登山家,冒険家。明治大学山岳部時代に山と冒険の魅力にとりつかれる。1966年ヨーロッパのモンブラン,アフリカのキリマンジャロ山,1968年南アメリカのアコンカグア山に登頂,1970年,日本人としては初めてアジアのチョモランマ(エベレスト)と北アメリカのマッキンレー山(デナリ)の登頂を果たし,世界初の五大陸最高峰登頂を成し遂げた。1978年北極点単独初到達,グリーンランド初縦断。1984年南極大陸単独横断に備えてマッキンレー山の冬季単独登頂に成功するが,その帰途行方不明となる。遺体は見つかっていない。没後,国民栄誉賞が贈られた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 冒険
  • 映像
  • 関連
  • エピソード
  • スタイル
  • テレビ
  • メディア
  • モデル
  • 作品
  • 兵庫県
  • 国民
  • 性格
  • 施設
  • 書籍
  • 栄誉
  • 番組
  • 登山
  • 著書
  • 音楽
  • 顕彰
  • 冒険家
  • 出身
  • 受賞
  • 探検家