誕生日データベース

五代友厚ごだいともあつ

薩摩藩士実業家[日本]

(天保6年12月26日生)

1836年 2月12日

1885年 9月25日 死去糖尿病享年50歳
五代友厚 - 薩摩藩士、実業家
五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本の武士(薩摩藩士)、実業家。
薩摩国鹿児島城下長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれ。
大阪経済界の重鎮の一人。
当時、「まさに瓦解に及ばんとする萌し」(五代)のあった大阪経済を立て直すために、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図った。
幼少・青年期 『三国名勝図会』の執筆者で記録奉行である五代直左衛門秀尭の次男として薩摩国鹿児島城下で生まれる。
質実剛健を尊ぶ薩摩の気風の下に育てられ、8歳になると児童院の学塾に通い、12歳で聖堂に進学して文武両道を学ぶ。
14歳のとき、琉球交易係を兼ねていた父親が奇妙な地図を広げて友厚を手招いた。
見せたものは、藩主・島津斉興がポルトガル人から入手した世界地図だった。
友厚は父からこの世界地図の複写を命じられる。
武士・役人として 安政元年(1854年)、ペリーが浦賀沖に来航し天下は騒然となる。
その折、五代は「男児志を立てるは、まさにこのときにあり」と奮いたったと記されてある。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 出典
  • 凡例
  • 天保
  • 整理
  • 時代
  • 江戸時代
  • 過剰
  • プロジェクト
  • レイアウト
  • 中期
  • 事項
  • 旧暦
  • 明治
  • 明治時代
  • 末期
  • 武士
  • 生誕
  • 重要