誕生日データベース

結城聡

囲碁棋士[日本]

1972年 2月11日

結城聡 - ウィキペディアより引用
結城 聡(ゆうき さとし、1972年(昭和47年)2月11日 - )は、囲碁の棋士。
兵庫県神戸市出身、関西棋院所属、佐藤直男九段門下、九段。
天元1期、十段1期、NHK杯5回優勝(56~57期、59~61期)、テレビ囲碁アジア選手権戦準優勝など、同時代の関西棋院の棋士の中では突出した成績を挙げ、関西棋院最優秀棋士賞7回。
石の働きを追求する戦闘的な棋風で「武闘派」と呼ばれる。
1980年、神戸市立竜が台小学校2年の8歳の誕生日にアマチュア六段の父から囲碁を習い、アマチュア強豪の西村修の教えを受ける。
1982年、同小4年の時に少年少女囲碁大会の小学生の部で7位となり、その後佐藤直男九段の子供囲碁教室に入り「将来名人になる」と言われる。
翌年は3位となり、関西棋院院生となる。
1984年12歳1カ月で、関西棋院では橋本昌二、東野弘昭以来の最年少で入段。
藤沢秀行の研究会にも参加し、坊主頭だったため「少林寺」という綽名を付けられる。
このころから攻撃的な棋風で、師の佐藤に「丈和とも違う、囲碁史上に類例を見ない棋風だ」と評された。

■ 関連書籍

連想語句
  • 囲碁
  • 棋院
  • 関西
  • 棋士
  • 棋戦
  • テレビ
  • アジア
  • タイトル
  • 代表
  • 佐藤直男
  • 兵庫県
  • 国内
  • 国際
  • 天元
  • 宇太郎
  • 所属
  • 棋歴
  • 棋風
  • 橋本
  • 橋本昌二
  • 神戸市
  • 著作
  • 講座
  • 選手権
  • トップ
  • トーナメント
  • 優勝
  • 優秀
  • 出身
  • 勝率
  • 史上
  • 年少
  • 時間
  • 最速
  • 最高
  • 段位
  • 準優勝
  • 記録
  • 講師
  • 達成
  • 門下