生年月日データベース

織田淳太郎

作家[日本]

1957年 2月11日 生 (満61歳)

織田 淳太郎(おだ じゅんたろう、1957年2月11日 - )は、日本のノンフィクション作家。
本名は石塚紀久雄、1990年代半ばから前出のペンネームを使用。
経歴・人物 北海道室蘭市出身。
早稲田大学在学中は体育局ボクシング部で、バンタム級を主戦場にして活躍。
早大卒業後は雑誌の記者等を経験した後、独立。
スポーツノンフィクションの他、小説等幅広い執筆活動を行っている。
うつ病を患った事があり、それに関連した著書も刊行している。
著書 「拳闘王 辰吉丈一郎」(1991年 学習研究社)(石塚 紀久雄 名義) 「大場政夫の生涯」(1992年 東京書籍)(石塚 紀久雄 名義) 「狂気の右ストレート―大場政夫の孤独と栄光」(1996年 中公文庫) 「ありがとう―尾崎豊 ラストメッセージ」(1996年 風媒社) 「首都高に散った世界チャンプ 大場政夫」(1999年 小学館文庫) 「敗者復活戦」(2000年 東京書籍) 「ジャッジメント」(2000年 小説・中央公論新社) 「巨人軍に葬られた男たち」(2000年 新潮文庫) 「論争・長嶋茂雄」(2001年 中公新書クラレ、中公新書クラレ編集部との共著) 「トレーナー」(2001年 小説・中央公論新社) 「20世紀完全版長嶋茂雄大辞典」(2001年 新潮OH!文庫) 「もう一度あるきたい―競歩界のシンデレラガール板倉美紀奇跡の復活」(2002年 文春ネスコ) 「コーチ論」(2002年 光文社新書) 「捕手論」(2002年 光文社新書) 「ニッポン野球珍事件珍記録大全」(2003年 東京書籍) 「Sports Graphic Numberベスト・セレクション Ⅲ」(2003年 文藝春秋)(「リングに帰ってきた王者たち―かつての夢路を追う5人の男」で選出) 「審判は見た!」(2003年 新潮新書) 「ナンバ走り」(2003年 光文社新書、矢野龍彦、金田伸夫との共著) 「ナンバのコーチング論 次元の違う「速さ」を ……

■ 関連書籍

スポーツを主に活動の場としているライター。著書に「巨人軍に葬られた男」「捕手論」など多数。 (引用元 Hatena Keyword)

「織田淳太郎」と関連する人物

連想語句
  • 著書
  • 関連
  • うつ病
  • ノンフィクション
  • バンタム級
  • ペンネーム
  • ボクシング
  • 北海道
  • 室蘭市
  • 早稲田大学
  • 本名
  • 石塚
  • 紀久雄
  • 論文
  • 辰吉丈一郎
  • スポーツ
  • 主戦場
  • 体育
  • 使用
  • 出身
  • 刊行
  • 前出
  • 半ば
  • 卒業
  • 名義
  • 在学
  • 執筆
  • 学習
  • 小説
  • 拳闘
  • 早大
  • 活動
  • 活躍
  • 独立
  • 研究社
  • 経験
  • 記者
  • 雑誌