生年月日データベース

山田昇

ヤマダ電機 創業者[日本]

1943年 2月11日

山田昇 - ウィキペディアより引用

山田 昇(やまだ のぼる 、1950年(昭和25年)2月9日 - 1989年(平成元年)2月24日)は、日本のヒマラヤ登山家。
群馬県沼田市出身。
8000メートル峰14座のうち9座に12回登頂し、その多くを冬季や、未踏の難ルートからの登攀で達成している。
8000メートル峰9座登頂は、名塚秀二、田辺治、近藤和美と共に、全14座達成の竹内洋岳に次ぐ日本人2位の記録。
冬季マッキンリー登攀中に、不慮の遭難死を遂げる。
山田昇記念杯にその名を残し、生家には記念館としてゆかりの品が保管されている。
1950年2月9日 - 群馬県沼田市に生まれる。
1962年 - 沼田市立利南東小学校卒業。
1965年 - 沼田市立利南中学校卒業 1967年 - 高校2年生のとき沼田高校山岳部に入部。
1968年 - 群馬県立沼田高等学校を卒業。
高校卒業後、沼田山岳会に入会。
1969年3月 - 群馬県立前橋職業訓練校電気科卒業。
4月 - 電気工事士として川崎市内の株式会社池貝鉄鋼に入社すると同時に小西政継の山学同志会に入会するが、1年足らずで退会。

■ 関連書籍

連想語句
  • 概要
  • 関連
  • エピソード
  • ヒマラヤ
  • 出演
  • 平成
  • 映画
  • 昭和
  • 書籍
  • 沼田
  • 沼田市
  • 登山家
  • 県立
  • 群馬
  • 群馬県
  • 記念
  • 高等
  • 元年
  • 入学
  • 学校
  • 山岳
  • 山脈
  • 所属
  • 日本
  • 登頂