生年月日データベース

佐藤元彦

ミュージシャン・Jackson Vibe[日本]

1973年 2月10日 生 (満45歳)

佐藤 元彦(さとう もとひこ、1943年1月1日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 熊本高校では、1960年の夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、熊本商に敗退。
高校時代はオーバースローだったが、慶應義塾大学への進学と同時にサイドスローに転向。
当時の慶大は同期の渡辺泰輔をはじめ投手王国であったため、佐藤にはなかなか登板機会がなかった。
しかし大学最後のシーズンである1964年秋季リーグでは、慶大を3季ぶりの優勝に導く活躍を見せる。
リーグ通算11試合登板、4勝1敗、ベストナイン1回。
大学同期には渡辺の他に井石礼司がいる。
大学卒業後はサッポロビールに進み、1965年の都市対抗にエースとして出場。
1回戦で大分鉄道管理局の田端謙二郎(電電九州から補強)と投げ合うが0-1で惜敗。
同年のドラフト7位で東京オリオンズに入団。
1967年から先発陣に加わり8勝。
翌1968年には自己最高の12勝をあげ、オールスターゲームにも出場する。
1969年は低迷し、先発の椅子を村田兆治に明け渡すが、1970年には調子を取り戻し、日本シリーズでも3試合に登板し1勝をあげている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 熊本
  • 投手
  • 学校
  • 高等
  • オーバースロー
  • プロ野球
  • 年度
  • 慶應義塾大学
  • 成績
  • 熊本市
  • 熊本県
  • 県立
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • 高校
  • さとう
  • もとひこ
  • 佐藤
  • 元彦
  • 全国
  • 出身
  • 商業
  • 大会
  • 敗退
  • 時代
  • 準々決勝
  • 甲子園
  • 県予選
  • 進出
  • 選手権