誕生日データベース

森信雄

将棋棋士[日本]

1952年 2月10日

森 信雄(もり のぶお、1952年2月10日 - )は、将棋棋士。
棋士番号126。
愛媛県伊予三島市(現四国中央市)出身。
南口繁一九段門下。
幼少時父は蒸発。
3兄弟の末っ子であった信雄を背負いながら母が育てた。
体も小さく腕力ではかなわなかったが将棋では負けなしであったと語る。
高校卒業後大阪の工場勤めに。
南口の元へ弟子入りするも年齢も年齢であったため、南口も当初は推挙するつもりはなかったが熱意に押され推薦状を書く。
奨励会入り後6年でプロとなる。
1980年の新人王戦(第11回)では、島朗を破って優勝した。
自身最初の弟子として育て上げたのが村山聖である。
病身の村山とは通常の師弟関係を超えた親身な関わりを持った。
村山は、四段昇段時に「森が師匠でなければ自分は四段にはなれなかった」と記している。
『聖の青春』(大崎善生著)には、村山と森との師弟愛が描写されている。
没後村山の生地で顕彰するために行われている村山聖杯将棋怪童戦に、一門が協力として名を連ねている。
また森門下の竹内雄悟は同大会第2回・第3回の優勝者である かつては結婚を諦め「一生独身で行く」と覚悟を固めていた時期もあったというが、自身が開いている将棋教室の生徒からの紹介で1994年1月に結婚(仲人はミステリー作家の黒川博行が務めた)。

■ 関連書籍

連想語句
  • 弟子
  • 棋士
  • 関連
  • クラス
  • 伊予三島市
  • 優勝
  • 出典
  • 南口繁一
  • 四国中央市
  • 在籍
  • 大賞
  • 女流
  • 将棋
  • 履歴
  • 愛媛県
  • 成績
  • 昇段
  • 書籍
  • 棋戦
  • 棋風
  • 注釈
  • 監修
  • 著書
  • 出身
  • 引退
  • 門下