生年月日データベース

高橋英樹

俳優[日本]

1944年 2月10日

高橋 英樹(たかはし ひでき) 高橋英樹 (俳優) 高橋英樹 (野球) - 元広島東洋カープ投手。
高橋英樹 (アニメーター) - アニメーター。
『新暗行御史』、『天地無用! in LOVE』の作画監督など。
関連項目 高橋秀樹 (放送作家) 高橋秀樹(同音異字) - 歴史学者。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Hideki Takahashi 日本の俳優。TV、映画、舞台などで活躍。 1944年2月10日生まれ。 千葉県出身。日本大学芸術学部卒。 株式会社アイウエオ企画所属。 桃太郎侍として一世を風靡した時代劇俳優の大御所である。また、近年ではバラエティー番組への露出も積極的であり、幅広い年齢層に支持されている俳優である。同期には、あの中尾彬。 教職員であった父親の影響を受けて育った英樹だったが、父親の反対を押し切り1961年日活ニューフェイスとして中尾彬らと共に日活に入社*1。父親には勘当されてしまうが、映画『高原児』でデビューする。 その後も映画を中心に活動。1963年の『伊豆の踊子』では吉永小百合の相手役を務め、同年公開された、日活初の任侠映画『男の紋章』では、日活唯一の任侠スターとして活躍し、シリーズ化された。 1970年代までは映画を中心に活動するが、同時進行でテレビの世界、特に時代劇の世界へと活躍の場を移していく。 1969年の『鞍馬天狗』を皮切りに、『旗本退屈男』『おらんだ左近事件帖』『隼人が来る』『ぶらり信兵衛−道場破り−』『編笠十兵衛』といった時代劇に主役として出演。迫力のある顔と美しい殺陣により、時代劇の顔としてテレビ界に君臨する。 中でも、1976年に始まった時代劇『桃太郎侍』は、1981年の最終回までに延べ258話に上る大ロングランとなり、国民的時代劇俳優としてのイメージが確立するに至った*2。 その後、時代劇は藤田まことが出演する『必殺仕事人』を中心とした必殺ブームを迎えるが、その裏で『遠山の金さん』に出演したり、現代劇に出演するなどの活躍を続け、常に第一 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメーター
  • 関連
  • 作画
  • 天地無用
  • 広島東洋カープ
  • 御史
  • 投手
  • 暗行
  • 監督
  • 野球
  • 高橋秀樹