生年月日データベース

岩村明憲

プロ野球選手[日本]

1979年 2月9日 生 (満39歳)

岩村明憲 - ウィキペディアより引用

岩村 明憲(いわむら あきのり、1979年2月9日 - )は、愛媛県宇和島市出身のプロ野球選手(内野手)、プロ野球監督。
現在はベースボール・チャレンジ・リーグの福島ホープスに選手兼任監督として所属。
また、2015年11月1日より、同球団の球団代表に就任。
兄の岩村敬士も近鉄バファローズに所属していた元プロ野球選手。
プロ入り前 中学時代は二塁手。
宇和島東高一年生時、捕手にコンバートされる。
1995年には全日本高校選抜の4番を務めた。
三年生時の1996年6月に右腕を骨折、急遽一塁手にコンバートされ愛媛大会を迎える。
愛媛大会では準決勝で松山商業に敗れた。
同年の1996年度ドラフト会議にてヤクルトスワローズから2位指名を受けて、契約金8000万円、年俸600万円(金額は推定)で合意して入団。
背番号は48に決まった。
ヤクルト時代 1997年 - 1999年 プロ1年目は一軍出場なしに終わったが、2軍で打率.316、10本塁打、38打点を記録。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手。 右投左打、ポジションは三塁手・二塁手。背番号は48→1→3→1→48番。 1979年2月9日生まれ。愛媛県出身。血液型O型、176cm80kg。 宇和島東高校から1997年、ドラフト2位でヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団。 1年目よりイースタンリーグでルーキーながら主軸となり、翌1998年、19年ぶりの優勝の立役者となる。 1999年、怪我の池山隆寛に代わり三塁を守るようになる。 同年、背番号を7番に変更希望したが通らず、 翌2000年、池山隆寛が36番に戻すこと、また若松勉の勧めもあり1番に変更。 2001年、三塁手に定着しリーグ優勝・日本一に貢献。 2002年には首位打者争いに加わり、初めて3割の壁を越えベストナインに輝いた。 また、3年連続ゴールデングラブも獲得している。 2003年、開幕戦で右手首を痛めて登録抹消。オールスター後に復活を果たすものの出場試合数は60試合に止まり、 不本意な成績でシーズンを終える。 2004年はフォームを変えた事により本塁打を量産。日本人トップの44本を放つ。 本塁打を狙う事が増えたために三振数も格段に増え、セ・リーグ記録を更新。結局、173三振でシーズン終了。 2006年、WBC野球日本代表に選出も怪我をしてしまう。 同年オフ、ポスティングシステムによりタンパベイ・デビルレイズ(現・タンパベイ・レイズ)へ移籍。 2009年オフ、ピッツバーグ・パイレーツに移籍。 2010年オフ、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍、5年ぶりに日本球界復帰。 2012年オフ、楽天から戦力外通告を受け退団。東京ヤクルトスワローズに7年ぶりの復帰。 案外マメな人で …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クラシック
  • ベースボール
  • ワールド
  • 日本
  • 野球
  • プロ野球
  • 内野手
  • 宇和島市
  • 愛媛県
  • 監督
  • 解説者
  • 選手
  • あきのり
  • いわむら
  • メダル
  • 出身
  • 右投
  • 岩村
  • 明憲
  • 獲得
  • 現在