生年月日データベース

高須洋介

プロ野球選手[日本]

1976年 2月9日

高須洋介 - ウィキペディアより引用

高須 洋介(たかす ようすけ、1976年2月9日 - )は、佐賀県伊万里市出身の元プロ野球選手、プロ野球コーチ。
2015年より横浜DeNAベイスターズの二軍打撃コーチ。
2007年・2008年度の楽天選手会長。
ニックネームは「必殺仕事人」(野村克也が命名)。
経歴編集 プロ入り前編集 佐賀県伊万里市で出生後、幼稚園からは名古屋市に移る。
名古屋市立猪高小学校に進学し、部活で本格的に野球を始める。
猪高中学校では中心選手として投手と三塁手を兼任、県大会3位の好成績を収めた。
中学3年途中で石川県金沢市に転居。
高校は金沢高校に進学。
1993年の3年時は第65回選抜高等学校野球大会、第75回全国高等学校野球選手権大会に連続出場。
夏の甲子園では後にチームメイトとなる山村宏樹(甲府工)と対戦したが、4打数無安打に終わった。
その後青山学院大学に進学。
1年次から二塁手でレギュラー。
3年間、1学年上の井口忠仁と二遊間を組む。
井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。
井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。

■ 関連書籍

プロ野球選手。 1976年2月9日生まれ、佐賀県伊万里市出身。その後は愛知県名古屋市守山区→石川県金沢市へと転居する。右投右打。ポジションは内野手。 近鉄時代は故障や原因不明の高熱に苦しみ、厚い戦力の中に埋もれていた。楽天入団後に実力を発揮する。 近鉄時代から「守備の人」と呼ばれてきたが、打力も上向きになり、2005年の開幕戦ではチーム史上初安打を放った。 06年、07年と二年連続パリーグ得点圏打率1位を記録するなど、勝負強いバッティングが持ち味。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 楽天
  • 選手
  • コーチ
  • プロ野球
  • 打撃
  • イーグルス
  • ゴールデン
  • プロ
  • ベースボール
  • リーグ
  • 仕事人
  • 伊万里市
  • 佐賀県
  • 内野手
  • 年度
  • 引退
  • 必殺
  • 成績
  • 新潟
  • 東北
  • 独立
  • 現役
  • 詳細
  • 近鉄
  • 週刊
  • 野村克也
  • たかす
  • ようすけ
  • シーズン
  • 二軍
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 命名
  • 愛称
  • 洋介
  • 途中
  • 高須