生年月日データベース

野田浩司

プロ野球選手[日本]

1968年 2月9日

野田 浩司(のだ こうじ、1968年2月9日 - )は、熊本県球磨郡多良木町出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 多良木高校から九州産交に進むも、同社野球部が廃部になったための特例措置(通常は3年勤めないといけないが、野田は二年しか勤めなかった。
)としてドラフト指名対象となり、1987年のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから1位指名を受け入団。
契約金は5000万円。
1年目から規定投球回に到達するなど先発・リリーフどちらもこなし、入団3年目の1990年に11勝を挙げ、翌1991年は開幕投手に指名される。
1992年はリーグ2位に貢献。
阪神時代には、地元熊本にちなんで「火の国伝説」との愛称で親しまれていた。
1992年オフ、優勝を逃したのは長打力のある打者が不足していたためという補強により、松永浩美との大型トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍する。
当時、ヤクルトスワローズ監督の野村克也は、野田の決め球であるフォークボールが鋭く落ちて視界から消えるため「お化け」と呼び、トレードで去る時に「フォークのお化けが消えた」と喜んでいた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

90年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は1→18→21番。 1968年2月6日生まれ。熊本県出身。 多良木高校から九州産業交通を経て1988年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。 1年目より先発投手の柱として活躍。1991年には開幕投手に抜擢。 1993年、松永浩美との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍。 同年、17勝を挙げ最多勝・ゴールデングラブ賞を獲得。 1994年には1試合17奪三振を樹立。 1995年4月15日の千葉ロッテマリーンズ戦では、1試合19奪三振の日本記録を樹立。*1 1995年、1996年のパ・リーグ優勝・1996年の日本一に大きく貢献した。 しかし、1998年以降は怪我に泣き、また、仰木彬監督との対立により、登板機会が減少。 2000年、FA権利取得を目前にして現役引退。 2001年、オリックスの二軍投手コーチに就任。 2004年、退団。 退団後はMBS毎日放送の野球解説者の側ら、マスターズリーグ・大阪ロマンズの選手としても活躍。 2006年、社会人野球・ニチダイの投手コーチに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • タイトル
  • プロ野球
  • 出典
  • 出演
  • 多良木町
  • 年度
  • 成績
  • 注釈
  • 熊本県
  • 球磨郡
  • 番組
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • こうじ
  • 出身
  • 浩司
  • 野田