生年月日データベース

ラモス瑠偉らもするい

男子サッカー選手、監督[ブラジル→日本]

1957年 2月9日 生 (満61歳)

ラモス瑠偉 - ウィキペディアより引用

ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル出身の日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。
フットサルの元日本代表選手。
前FC岐阜監督。
長男はサッカー指導者のラモス・ファビアノ。
長女は歌手のFABiANA。
ブラジル国籍時代の旧名はRuy Gonçalves Ramos Sobrinho(ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・ラモス(ハモス)・ソブリニョ)。
愛称の「カリオカ」は「リオっ子」という意味で出身地に由来する。
「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2013年時点)を持つ。
ブラジル時代 1957年2月9日、ブラジルのリオデジャネイロから山側に70-80キロほど入るメンデスという小さな町で、サッカー好きな公認会計士の父フーベンと母マリアのハモス家の、5男1女の第4子として出生。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。 ブラジル名はRuy Goncalves Ramos Sobrinho(ルイ・ゴンサウヴィス・ラモス・ソブリーニョ)。 愛称「カリオカ」「ミスターヴェルディ」「燃える男」。 1957年2月9日生まれ。ブラジル・リオデジャネイロ出身。身長181cm、体重71kg。 1977年来日、読売サッカークラブ(後のヴェルディ川崎、現東京ヴェルディ1969)に入団。 1989年11月、日本に帰化が認められて、日本国籍を取得。同年、サッカー日本代表に初選出された。 FIFAワールドカップ1994・アジア最終予選におけるドーハの悲劇の経験者。国際Aマッチ32試合出場、1得点。 1996年に京都パープルサンガへ移籍。 1997年、ヴェルディ川崎に復帰。 1998年現役引退。 現役時代には膝の持病に苦しみ、手術でボルトを埋め込んだことも。 永谷園のお茶漬け海苔やJリーグカレーのCMでもおなじみの人だった。 2002年、沖縄かりゆしFCの選手兼任テクニカルアドバイザー就任。 同年、分裂騒動により退団。FC琉球のテクニカルアドバイザーとなった。 2005年、ビーチサッカー日本代表の監督を経て、9月13日に柏レイソルのコーチに就任。J2降格により退任。 2006年、東京ヴェルディ1969監督に就任。 2007年、J1復帰に導き勇退。 2008年、東京ヴェルディテクニカルアドバイザーに就任。 ブラジルから日本にやってきたサッカーの伝道師。 ブラジルの名門クラブにいたが、読売クラブへの移籍のオファーを受け、制止する母親を説得し、家族の生活のために日本にやってきた。 松木安太郎曰く「見たこともない魔法みたいなテクニック」を日本で披露。 日 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 時代
  • 日本
  • フットサル
  • リーグ
  • 指導者
  • ブラジル
  • ラモス
  • 代表
  • 選手
  • コーチ
  • タレント
  • ファビアノ
  • 公認
  • 帰化
  • 引退
  • 日の丸
  • 経緯
  • 評論家
  • カリオカ
  • ゴンサゥヴェス
  • ソブリニョ
  • ハモス
  • フイ
  • リオ
  • ルイ
  • ヴェルディ
  • 出身
  • 得点
  • 意味
  • 愛着
  • 愛称
  • 時点
  • 最年長
  • 歌手
  • 由来
  • 記録
  • 読売
  • 長女
  • 長男