生年月日データベース

内田雄一郎うちだゆういちろう

ミュージシャン・筋肉少女帯[日本]

1966年 2月8日

内田 雄一郎(うちだ ゆういちろう、1966年2月8日 - )は日本のベーシスト、作曲家。
東京都中野区出身。
愛称は『うっちー』。
インディーズ時代に使っていた芸名は「ユウ」、「ゆう」、「内田ユウ」など。
筋肉少女帯、水戸華之介&3-10chain、NESSのメンバー。
筋肉少女帯の大槻ケンヂとは中学校からの付き合いである。
1979年、同じ中学に在籍する大槻ケンヂらとロックバンド「ドテチンズ」(ザ・ドンズ)を結成。
きっかけは、内田の13才の誕生パーティーで友人が自作の歌を即興で披露したことだった。
内田はエレクトーンを担当。
同バンドはメンバーの進学を期に自然解散した。
1982年2月、大槻ケンヂとロックバンド「筋肉少女帯」を結成(当時のバンド名は「筋肉少年少女隊」)。
当初はエレクトーンを弾いていたが、すぐにベースに転向した。
同時期に高校の先輩であったケラ(現ケラリーノ・サンドロヴィッチ)と大槻の三人でユニット「空手バカボン」を結成、1983年にはケラの主宰していたナゴムレコードからインディーズデビューした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ミュージシャン、ベーシスト。 1966年2月8日東京都生まれ。 中学生の時YMOに影響を受けて、同級生である大槻ケンヂとバンドを結成。当時はエレクトーンを弾いていたが、ベースを弾いていた大槻がベースを辞めたことから、ベーシストに転向。のちに「筋肉少女帯」として1988年にメジャーデビュー。 1999年、筋肉少女帯はメンバー3人の脱退により活動を凍結。内田と本城の2人が残る形となる。 2000年、大槻の新バンド「特撮」に参加するが、ファーストアルバムを残して脱退する。 同時に参加していた、水戸華之介&3−10chainで現在も活動を続けている。 2006年、大槻・橘高の再加入で筋肉少女帯が活動再開となる。 その他、扇愛奈のサポート等で活動している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 筋肉少女帯
  • ユウ
  • 中野区
  • 作品
  • 出典
  • 大槻ケンヂ
  • 学校
  • 日本大学
  • 逸話
  • 高等
  • 鶴ヶ丘
  • うっちー
  • ゆう
  • インディーズ
  • メンバー
  • 中学校
  • 内田
  • 出身
  • 卒業
  • 愛称
  • 時代
  • 水戸
  • 芸名
  • 華之介