誕生日データベース

松永英機まつながひでき

男子サッカー選手[日本]

1963年 2月8日

松永 英機(まつなが ひでき、1963年2月8日 - )は、静岡県藤枝市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
大阪商業大学サッカー部時代は全日本大学選手権2連覇を果たした。
卒業後は松下電器産業サッカー部(現:ガンバ大阪)でプレー。
引退後は松下電器およびプロ化したG大阪や、ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)で指導者経験を積む。
またこの間、日本サッカー協会の強化委員スタッフに加わり、アトランタ五輪ではスカウティングスタッフとして対戦相手チームを分析。
マイアミの奇跡と呼ばれるブラジル戦での勝利に貢献した。
1999年にはV川崎で初めてJリーグチームの監督を務める(ただし実質的な指揮は総監督の李国秀が執っていた。
これは翌年の張外龍監督のときも同じである)。
辞任後は清水エスパルスのコーチを務めた。
2003年に大木武の後を受けてヴァンフォーレ甲府の監督に就任。
資金も戦力も決して豊富とは言えない甲府で2003年と2004年前半には松永自ら招いた元日本代表FW小倉隆史の獲得も功を奏し、昇格争いを繰り広げ観客動員も増加した。

■ 関連書籍

タイトル
ヴァンフォーレ甲府あるある
著者
コマツサトル
発売元
ティー・オーエンタテインメント
発売日
2014-02-15
新品価格
¥ 1,188 より
中古商品
¥ 98 より
連想語句
成績サッカー部ヴェルディガンバ大阪クラブ個人全日本出典大学大阪商業大学所属指導日本サッカー協会東京松下電器産業監督選手権関連サッカースタッフプレープロ卒業大会大阪委員川崎引退強化指導者時代松下経験連覇電器

↑ PAGE TOP