生年月日データベース

麻生千晶あそうちあき

作家[日本]

1938年 2月8日 生 (満80歳)

麻生 千晶(あそう ちあき、女性、1938年2月8日 - )は、日本の評論家、コメンテーター。
週刊誌などのテレビ番組や芸能人に対する批評で知られる。
闘病記 『心のノート 千晶、いのちの記録』(文芸社刊、2000年)の著者は、同姓同名の別人。
来歴・人物 岡山県生まれ。
1961年(昭和36年)、東京大学文学部フランス文学科卒業。
1969年(昭和44年)、『ビフテキとブラームス』を『小説現代』に発表し作家デビュー。
現在はコメンテーターとして活動している。
新聞や雑誌に、社会、芸能、女性、教育、プロ野球など多岐にわたる問題について、辛口発言をしている。
日本民間放送連盟賞、広告電通賞、放送批評懇談会ギャラクシー賞、文化庁芸術選奨放送部門推薦委員、文化庁芸術祭放送部門テレビドラマ選考委員ほか、選考委員多数を務める。
デビュー作以降目立った小説を発表した跡は見えず、現状では評論家、もしくはコメンテーター。
映像評論、音楽評論も手がけ、『毎日新聞』に「火曜サロン」、『サンデー毎日』に「TV or not TV」、『アサヒ芸能』に「テレビ欄」、『東京中日スポーツ』に「やじうまテレビ」、『週刊現代』に「男を叱る」「私のテレビ評」、『週刊新潮』に「たかが、されどテレビ」、『産経新聞』「直言曲言」欄などをそれぞれ長期連載。

■ 関連書籍

連想語句
  • 昭和
  • エピソード
  • フランス
  • 小説現代
  • 岡山県
  • 文学
  • 文学部
  • 文芸社
  • 日本民間放送連盟
  • 東京大学
  • 著書
  • 関連
  • 電通
  • いのち
  • コメンテーター
  • デビュー
  • ノート
  • ビフテキ
  • ブラームス
  • プロ野球
  • 作家
  • 別人
  • 千晶
  • 卒業
  • 同姓
  • 名義
  • 問題
  • 多岐
  • 女性
  • 教育
  • 新聞
  • 活動
  • 現在
  • 発表
  • 発言
  • 社会
  • 芸能
  • 著者
  • 記録
  • 辛口
  • 闘病記
  • 雑誌