生年月日データベース

カルロス・ポンセCarlos Ponce

プロ野球選手[プエルトリコ]

1959年 2月7日

カルロス・ポンセ(Carlos Antonio Ponce Diaz , 1959年2月7日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(外野手)。
来歴・人物 1982年にミルウォーキー・ブルワーズと契約。
1985年8月14日にメジャーデビューし、21試合に出場。
翌1986年はメジャー登録40人枠から外れたため、それを見た横浜大洋ホエールズスカウトの牛込惟浩に口説かれ、入団を決めて来日。
口ひげを生やしており、その容姿が当時人気だったゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』のマリオに似ていたため、「マリオ」と呼ばれた。
来日した1986年には、俊足選手を好んだ当時の大洋監督・近藤貞雄から重用され、高木豊・加藤博一・屋鋪要のスーパーカートリオに続く4番を主に打ち、ポンセと同じく俊足で5番を主に打ったダグ・ローマンを合わせて「スーパーカークインテット」と称された。

■ 音楽作品

Carlos Antonio Ponce Diaz 元MLB、プロ野球・横浜大洋ホエールズの選手。通称「マリオ」。 右投右打、ポジションは内野手→外野手。背番号は7番。 1959年2月7日生まれ。プエルトリコ出身。 南ジョージア大からマイナーリーグを経て、1985年、ミルウォーキー・ブリュワーズで21試合に出場。 1986年、横浜大洋ホエールズに入団。1年目に105打点を記録。懸命に日本語を覚え、日本球界に順応した。 1987年には最多安打と打点王、1988年には本塁打と打点の二冠王に輝くなど実力も申し分無く、ジェームス・パチョレックと共にホエールズ打線を支えた。 また、ラテン系でヒゲをはやした風貌(プラス帽子)がスーパーマリオブラザーズの「マリオ」に似ていると評判になり、人気を博した。 1990年、出場機会が15試合に止まり、退団。 1998年の横浜ベイスターズ優勝、日本一の際に祝福の一報を送った。 横浜大洋ホエールズ屈指の名外国人選手に数えられる。 現在は米フロリダ州のウエリントンに在住、ビール会社の営業マンとして活躍。 また、マスターズリーグ・札幌アンビシャスの選手としても活躍中。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • タイトル
  • ブルワーズ
  • プエルトリコ
  • プロ野球
  • ミルウォーキー
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • アントニオ
  • カルロス
  • ジョージア
  • ディアス
  • ポンセ
  • 出身
  • 卒業
  • 大学
  • 契約