誕生日データベース

下野康史かばたやすし

自動車評論家[日本]

1955年 2月7日

下野 康史(かばた やすし、1955年2月7日 - )は、日本の自動車評論家。
神奈川県川崎市出身。
立教大学社会学部産業関係学科卒業後、二玄社に入社。
自動車情報誌『CAR GRAPHIC』、『NAVI』の編集に携わる。
『NAVI』は1984年の創刊時からのスタッフで、渡辺和博のコラムの担当者でもあった(1983年の東京モーターショーに渡辺が見にきているのを発見して、連載を依頼した)。
渡辺が「エンスー」という言葉を発明するのにも、編集者として立ち会った。
1988年夏に、二玄社を退社して、フリーランスのジャーナリストとして活動。
現在でも『カーグラフィック』、『NAVI』各誌に原稿を寄せるほか、goo自動車&バイクの試乗レポートなど多数のメディアに寄稿している。
専門用語をあまり用いない平易な自動車解説が特徴で、自動車専門誌のみならず一般誌に記事を寄せるケースも多い。
自転車ロードレース愛好家としても知られており、東京糸魚川ファストランに毎年参加している。
また固定ギアにも造詣が深く、ブーム以前の2001年にはフルオーダーで固定ギア車を製作している。

■ 関連書籍

「下野康史」と関連する人物

連想語句
  • 自動車
  • 専門
  • 二玄社
  • 連載
  • エンスー
  • ジャーナリスト
  • フリー
  • メディア
  • ランス
  • 渡辺
  • 渡辺和博
  • 用語
  • 立教大学
  • 著書
  • 関連
  • カー
  • グラフィック
  • ケース
  • コラム
  • スタッフ
  • バイク
  • レポート
  • 一般
  • 依頼
  • 入社
  • 出身
  • 創刊
  • 卒業
  • 原稿
  • 各誌
  • 多数
  • 学科
  • 学部
  • 寄稿
  • 川崎市
  • 平易
  • 担当者
  • 東京モーターショー
  • 活動
  • 現在
  • 産業
  • 発明
  • 発見
  • 社会
  • 神奈川県
  • 編集者
  • 解説
  • 言葉
  • 試乗
  • 退社
  • 関係