生年月日データベース

矢部達哉

バイオリン奏者[日本]

1968年 2月5日

矢部達哉(やべ たつや、1968年2月5日 - )は、東京生まれのヴァイオリニストである。
夫人はソプラノ歌手の澤畑恵美。
5歳より、鈴木鎮一才能教育でヴァイオリンを始め、1978年より江藤俊哉に師事。
1989年、桐朋学園大学ディプロマコースを修了した。
1989年、東京国際音楽コンクール室内楽部門優勝、斎藤秀雄賞、アサヒビール賞を受賞。
1989年、サイトウ・キネン・オーケストラに初参加。
1990年、22歳で東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターに就任する。
1993年、ジャパン・チェンバー・オーケストラのコンサートマスターに就任。
1995年、第5回出光音楽賞を受賞。
1996年5月、デビューCD「ソット・ヴォーチェ」をリリース。
1996年、村松賞、第1回ホテルオークラ賞を受賞した。
2004年4月、上野学園大学音楽・文化学部の教授に就任。
演奏活動 ソリストとして、これまでに朝比奈隆、小澤征爾、若杉弘、フルネ、クレー、デプリースト、インバル、ベルティーニなどの指揮者と共演している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ヴァイオリン奏者 1968年東京生まれ。江藤俊哉氏に師事。89年桐朋学園ディプロマコース修了。 90年に22歳の若さで東京都交響楽団(都響)のソロ・コンサートマスターに抜擢される。 ソリストとして、朝比奈隆、小澤征爾、若杉弘、ジャン・フルネ、ベルンハルト・クレー、ジェイムズ・デプリースト、エリアフ・インバル、ガリー・ベルティーニ等の著名指揮者の下で共演した。 また、サイトウ・キネン・オーケストラ、ジャパン・チェンバー・オーケストラ、ソロ、室内楽で活躍。室内楽では、ヨーヨー・マとの共演の他、Kitaraホールカルテット及び京都アルティ弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍するほか、上野学園の教授として後進の指導にもあたっている。 なお、97年のNHK連続テレビ小説「あぐり」のタイトル曲でヴァイオリン・ソロを演奏した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 活動
  • オーケストラ
  • コンサート
  • マスター
  • 音楽
  • クラシック
  • ジャパン
  • チェンバー
  • レコーディング
  • 交響楽団
  • 出光
  • 受賞
  • 就任
  • 恵美
  • 村松
  • 東京都
  • 桐朋学園大学
  • 江藤俊哉
  • 演奏
  • 澤畑
  • アサヒビール
  • キネン
  • コンクール
  • コース
  • サイトウ
  • ソット
  • ソロ
  • ディプロマ
  • デビュー
  • リリース
  • ヴァイオリン
  • ヴォーチェ
  • 修了
  • 優勝
  • 初参加
  • 同年
  • 国際
  • 室内楽
  • 師事
  • 才能
  • 教育
  • 斎藤
  • 東京
  • 秀雄
  • 部門
  • 鈴木鎮一