誕生日データベース

マーカス・グロンホルムMarcus Gronholm

レーシングドライバー[フィンランド]

マーカス・グロンホルム - ウィキペディアより引用
マーカス・グロンホルム(マーカス・ウルフ・ヨハン・グロンホルムMarcus Ulf Johan Grönholm、1968年2月5日 - )は、フィンランド・インクー出身のラリードライバー。
スウェーデン系フィンランド人である。
2000年、2002年には世界ラリー選手権(WRC)王者に輝いており、現在ではフライング・フィンの一人にも数えられる。
苦労人時代 父ウルフ・グロンホルムはフィンランド・ラリー選手権で2度のチャンピオンとなったが、1981年、マーカス13歳の時テスト中に事故死した。
父の影響でラリーに興味を持つが、当初はモトクロスの選手だった。
しかし足を痛めたことでラリーに転向。
1987年にキャリアを始め、フィンランド国内選手権やスポット参戦でキャリアを積み、1990年の地元1000湖にはワークス放出のトヨタ・セリカ (ST165) で出場した。
これを機にトヨタとの関係が始まり、1994年の1000湖ではST185セリカで5位を獲得した。
その後もトヨタ・カストロール・チームやグリフォーネといったトヨタ系プライベートチームや、三菱、セアトでの助っ人参戦などでWRCにスポット参戦を続けたが、プライベートチーム故のテスト不足や経験不足から、思うような結果が出せず、同世代のコリン・マクレーやカルロス・サインツ、トミ・マキネンらとは対照的に不遇の時期を送る。
連想語句
時代フィンランドラリー戦績インクースウェーデンフォードプジョー世界以前引退苦労人選手権関連ドライバー出身歴代王者記録

↑ PAGE TOP