生年月日データベース

高階秀爾たかしなしゅうじ

美術史家[日本]

1932年 2月5日 生 (満86歳)

高階 秀爾(たかしな しゅうじ、1932年2月5日- )は、日本の美術史学者・美術評論家。
東京大学文学部名誉教授。
大原美術館館長。
秋田県立美術館顧問。
文化勲章受章者、日本藝術院会員。
東京大学美術史研究室教授として数多くの著作を出し、啓蒙的役割を果した。
ルネッサンス以後の西洋美術を専門としながら、日本近代美術にも造詣が深くその方面の著作もある。
同じく東京大学比較文学教授を務め、京都造形芸術大学名誉学長である芳賀徹とは小学校時代からの友人。
妻は女優・エッセイストの高階菖子(しょうこ)。
京都大学人文科学研究所准教授で美術史学者の高階絵里加は娘。
東京生まれ。
旧姓・佐々木。
父は哲学者・高階順治。
佐々木は母方の姓。
1944年 東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業、のちに東大教授となる芳賀徹、平川祐弘、石井進、平田賢と同じクラス(第1部)。
波多野里望と仲良し。
1950年 東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業、戦中、父親の出身地である秋田県(大曲町)に疎開し旧制角館中學校で学ぶ 1953年 東京大学教養学部教養学科卒業 東京大学大学院在学中、1954-1959年にフランス政府招聘留学生として渡仏、パリ大学付属美術研究所およびルーブル学院で西洋近代美術史を専攻 帰国後、国立西洋美術館主任研究官 1971年 東京大学文学部美術史助教授  1979年 教授 1992年 定年退官、名誉教授、国立西洋美術館館長(2000年退官) 1997年 パリ第一大学名誉教授 2000年 紫綬褒章 2002年 大原美術館館長 2004年 京都造形芸術大学大学院長、同比較藝術学研究センター所長 2005年 文化功労者 2008年 京都造形芸術大学退職 2012年 文化勲章受章 2015年 日本藝術院会員 著書 単著 『世紀末 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

たかしな-しゅうじ 1932-昭和後期-平成時代の美術史家。昭和7年2月5日生まれ。パリ大付属美術研究所で近代美術史を研究。昭和54年母校東大の教授。ルネサンス以降の西洋美術と近代日本美術の評論で知られる。平成元年フランス芸術文芸勲章オフィシエ章。4年国立西洋美術館長。14年芸術院恩賜賞。大原美術館館長。17年文化功労者。24年文化勲章。東京出身。著作に「ルネッサンスの光と闇」(昭和47年芸術選奨),「美の回廊」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 美術館
  • 日本
  • 美術
  • ルネサンス
  • 京都造形芸術大学
  • 共著
  • 単著
  • 名誉教授
  • 大原
  • 教授
  • 文化勲章
  • 文学部
  • 東京大学
  • 県立
  • 秋田
  • 編著
  • 翻訳
  • 著作
  • 著書
  • 藝術
  • 記念
  • 論集
  • 関連
  • コレクション
  • 会員
  • 受章者
  • 名誉
  • 学長
  • 専門
  • 平野
  • 役割
  • 政吉
  • 文学
  • 方面
  • 比較
  • 西洋
  • 近代
  • 造詣
  • 顧問
  • 館長