生年月日データベース

大山勝美おおやまかつみ

テレビプロデューサー演出家[日本]

1932年 2月5日

2014年 10月5日 死去多臓器不全享年83歳

大山 勝美(おおやま かつみ、1932年2月5日 - 2014年10月5日)は、日本のテレビプロデューサー、演出家。
本名、大山 勝美(おおやま かつよし)。
鹿児島県出身。
1957年、TBSに入社。
演出家・プロデューサーとしてテレビドラマ畑一筋に歩み『知らない同志』『岸辺のアルバム』『想い出づくり』『ふぞろいの林檎たち』を手がけ“ドラマのTBS”の全盛期を支えた。
1992年、TBSを定年退職後はテレビ制作会社『カズモ』を設立し、代表取締役も務める一方で、『蔵』『天国までの百マイル』『長崎ぶらぶら節』等多くのドラマを送り出した。
来歴・人物 鹿児島県で出生し、両親とともに満州(現在の中国・奉天(現・瀋陽))に渡り幼少期を過ごす。
大東亜戦争中に単身帰国し、鹿児島で終戦を迎える。
鹿児島県立鶴丸高等学校初代生徒会長。
早稲田大学法学部を卒業後、1957年に東京放送(当時の社名はラジオ東京)に入社。
同期には飯島敏宏、磯崎洋三、須子信仁、瀬口城一郎らがいる。
以来ドラマの演出や制作一筋で務める。
田宮二郎のテレビドラマ初主演作品『知らない同志』をはじめ、『岸辺のアルバム』『想い出づくり』『ふぞろいの林檎たち』などのプロデュース・演出を手掛け、久世光彦と共に“ドラマのTBS”の全盛期を築き上げた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本のテレビプロデューサー、演出家。 1932年2月5日鹿児島県に生まれる。 早稲田大学法学部卒業後、1957年TBSに入社。TBS在籍時に「岸辺のアルバム」や「ふぞろいの林檎たち」など数々の名作を手がけ、「ドラマのTBS」の一翼を担う。TBSを定年退社後に番組制作プロダクション「カズモ」を設立。 主な番組作品に、『若ものー務の場合』『正塚の婆さん』(芸術祭奨励賞)『楡家の人びと』『真田幸村』『真夜中のあいつ』(芸術祭大賞)『岸辺のアルバム』(芸術選奨文部大臣賞)『想い出づくり』『ふぞろいの林檎たち』『蔵』『天国への百マイル』などがある。*1 2014年10月5日死去。 *1:志賀信夫『映像の先駆者125人の肖像』(NHK出版)などによる (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テレビ
  • 在籍
  • カズモ
  • テレビドラマ
  • 制作
  • 演出家
  • 設立
  • ふぞろい
  • アニメ
  • アルバム
  • ドラマ
  • プロデューサー
  • 取締役
  • 同志
  • 岸辺
  • 想い出
  • 映画
  • 林檎
  • 番組
  • 舞台
  • おおやま
  • かつよし
  • ぶらぶら
  • 一方
  • 一筋
  • 代表
  • 入社
  • 全盛期
  • 勝美
  • 多く
  • 大山
  • 天国
  • 定年
  • 本名
  • 退職
  • 長崎