生年月日データベース

辻桃子つじももこ

俳人[日本]

1945年 2月4日 生 (満73歳)

辻 桃子(つじ ももこ、1945年 - )は、俳人。
神奈川県横浜に生まれ、東京都立川で育つ。
子供時代から詩を書き、また画家だった父から写生を叩き込まれた。
当初は画家志望で、早稲田大学文学部美術学科に入学。
1963年、大学1年のときに母の影響で俳句をはじめ、楠本憲吉に師事、「青玄」に入会。
翌年楠本の「野の会」創刊同人。
1967年に大学を中退、染色の仕事をしながら詩を書き、『花椿』『現代詩手帖』などに詩を掲載。
1970年、高柳重信の「俳句評論」五十句競作に入選、「俳句評論」入会。
また金子兜太の「海程」句会に参加。
1975年より俳句一本に絞り、1979年に藤田湘子の「鷹」に入会、編集部員。
翌年に同人となる。
1981年鷹新人賞、1983年鷹賞受賞。
この年、代表句「虚子の忌の大浴場に泳ぐなり」が『毎日新聞』で波多野爽波の激賞をうける。
同年小雑誌「ロージナ」(のち「花」に改名)主宰。
1984年より生涯の師として波多野爽波に私淑。
1987年、「鷹」を辞し、「俳句って、たのしい」を掲げ「童子」を創刊・主宰。
同誌は夫である俳人安部元気が副主宰を務めている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    AZ
    歌手
    発売元
    LOCO ** un
    発売日
    2009年1月30日
    新品価格
    ¥ 3,980 より
    中古商品
    ¥ 556 より

「辻桃子」と関連する人物