生年月日データベース

一柳慧いちやなぎとし

作曲家[日本]

1933年 2月4日 生 (満85歳)

一柳慧 - ウィキペディアより引用

一柳 慧(いちやなぎ とし、1933年2月4日 - )は、兵庫県神戸市生まれの作曲家、ピアニスト。
非常に若い時分から才能を発揮し、青山学院高等部在学中、1949年から1951年にかけて、毎日音楽コンクールで3年連続入賞(うち2回は1位)するなどし、天才少年と謳われた。
その後1954年に渡米し、1954年から1957年までニューヨークのジュリアード音楽院で学ぶ。
1956年にはオノ・ヨーコと結婚(1962年に離婚)。
1959年、同地のニュー・スクールでジョン・ケージの講座に参加し、彼の思想に大きく影響を受けたことがきっかけで、図形楽譜や不確定性の音楽をとりいれた。
1961年に帰国。
同年8月に大阪で行われた「第4回現代音楽祭」を皮切りに、さまざまな演奏会で、ケージを代表とするアメリカの前衛音楽および自己の作品を紹介し、音楽評論家吉田秀和をして「ケージ・ショック」と言わしめるほどの衝撃を日本の音楽界に与えた。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いちやなぎとし [生]1933.2.4.神戸作曲家,ピアニスト。チェロ奏者の父,ピアノ教師の母のもとに生れる。作曲を平尾貴四男,池内友次郎に,ピアノを原智恵子に師事。1949年から3年連続して毎日音楽コンクールに入賞。54~57年ジュリアード音楽院に留学,コープランド賞(1953)を受賞するなど,高い評価を受けた。58年J.ケージとの出会いに衝撃を受け,以後『ピアノ音楽I・II』など,12音技法から離れて偶然性に基づく作品を発表。61年の帰国後は,ケージらのアメリカ実験音楽を紹介,また図形楽譜を用いるなど前衛的な作曲活動を展開。その後『ピアノメディア』(72)から五線譜法による作曲に戻り,日本の伝統楽器による作品など,盛んな作曲・演奏活動を行う。尾高賞,毎日芸術賞など多数の賞を受賞,85年フランス政府より芸術文化勲章を贈られた。著書に『音を聴く』(84)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 音楽
  • 概要
  • 楽器
  • 鍵盤
  • コンクール
  • ソロ
  • テレビ
  • ピアノ
  • 主要
  • 作品
  • 合唱曲
  • 器楽曲
  • 室内
  • 映画
  • 楽曲
  • 毎日
  • 管弦楽
  • 著書
  • 限り
  • 電子
  • 青山学院
  • スト
  • ピアニスト
  • 中等
  • 入賞
  • 在学
  • 才能
  • 渡米
  • 発揮
  • 連続
  • 高等
  • 高等部