生年月日データベース

ポール・オースターPaul Benjamin Auster

作家詩人[アメリカ]

1947年 2月3日

ポール・オースター - ウィキペディアより引用

ポール・オースター (Paul Auster、1947年2月3日 - )は、アメリカの小説家、詩人。
ユダヤ系アメリカ人。
オースターはニュージャージー州ニューアークで、中流階級のポーランド系ユダヤ人の両親の元で生まれ、ニュージャージー州サウスオレンジにて育つ。
12歳の時に叔父から預かったダンボールいっぱいの本を読み耽り(このエピソードは『ムーン・パレス』の中に登場する)、以後、文学に興味を覚える。
1970年に コロンビア大学大学院修了後、石油タンカーの乗組員としてメキシコに移る。
その後、過去に幾度か訪れていたフランスに移住し農業等様々な仕事についたが、金銭を使い果たしたため1974年にアメリカに戻る。
帰国後、大学時代から交際していた女性と結婚し、彼自身の詩、エッセイ、小説やフランス作家(マラルメやジョセフ・ジュベールなど)の翻訳を出版した。
彼の小説家としての第一作は、1976年のSqueeze Play と呼ばれる推理小説で、ポール・ベンジャミン(Paul Benjamin ベンジャミンは彼のミドルネーム)の筆名で出版された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Paul Auster 作家。ユダヤ人。1947年アメリカ・ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学卒業後、石油タンカーの乗組員となり、フランスでの生活を経て1975年に帰米。 作家としてのデビューは1982年の"The Invention of Solitude"(邦題「孤独の発明」)であるが、1985年の"City of Glass"(邦題「シティ・オヴ・グラス」「ガラスの街」)からの「ニューヨーク三部作」でその名声を確固たるものにする。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ニュージャージー州
  • 作品
  • 映画
  • アーク
  • エッセイ
  • ニュー
  • 小説
  • 自叙伝
  • 評価
  • 詩集
  • オレンジ
  • オー
  • サウス
  • スター
  • ポーランド
  • ユダヤ人
  • 両親
  • 中流
  • 階級