生年月日データベース

福本清三

俳優[日本]

1943年 2月3日

福本 清三(ふくもと せいぞう、1943年2月3日 - )は、日本の俳優。
兵庫県城崎郡香住町(現・美方郡香美町香住区)出身。
血液型はB型。
本名は橋本 清三(はしもと せいぞう)。
東映京都撮影所所属。
50年以上に渡り、時代劇・現代劇を問わず「斬られ役・殺され役」を演じてきたことから、「5万回斬られた男」の異名を持つ。
愛称は「先生」。
6人兄弟の三男(5番目)で生誕。
中学校卒業後、親類の経営する米穀店の後継ぎを任されたが、「まいど、おおきに」という挨拶をすることが恥ずかしく苦手であったことから、1959年、親類の不動産屋を経営していた叔父のつてで15歳で東映京都撮影所に入社し、いわゆる「大部屋俳優」となる。
20代後半頃から斬られ役専門となり、東映京都や関連会社が制作したほぼ全ての時代劇に出演した。
当時は京都撮影所に所属していたため、東映東京撮影所制作の映画・テレビドラマへの出演は少ない。
アクション映画やヤクザ映画にも多数出演しており、映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』では、撃たれた瞬間に座った状態から跳ね上がって死ぬシーンを、監督・深作欣二が福本にゴムを装着させる予定をしていたものの、殺陣師が「体にバネがあるから必要ない」として止めさせ、身体能力だけで演じている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

俳優。本名は橋本清三。1943年2月3日生。兵庫県出身。B型。 15歳で東映京都撮影所に入社して以来、脇役として数多くの映画・テレビドラマに出演。 20代後半からは斬られ役一筋になり、東映やその他の会社で制作するほとんどの時代劇に出演し、現在に至る。 一瞬だけしか画面に映らず、名前もクレジットされない「その他大勢」にも関わらず、目つきが鋭く彫りの深い顔と、斬られるときのパフォーマンスが見るものにインパクトを与え、その独特の存在感から時代劇ファンの間で次第に話題となり、探偵!ナイトスクープ、徹子の部屋などに出演し、ファン以外にも知名度を広げ、現在では彼のファンサイトまで出来ているほどの人気ぶりだ。 2001年、彼の自伝である『どこかで誰かが見ていてくれる ―日本一の斬られ役・福本清三―』を出版。40年間斬られ役一筋の生き方に、時代劇ファンのみならず一般の人も巻き込んで話題となる。 2002年、トム・クルーズ製作・主演のハリウッド映画「The Last Samurai(ラスト サムライ)」のキャストに大抜擢される。 2003年、東映を定年退職。しかし、東映には籍を置き、役者を続けていくことになる。 ファンの間からは「福ちゃん」「福本先生*1」と呼ばれ愛されている。 2014年、「太秦ライムライト」で初の主演を務める。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • オリジナル
  • ゲーム
  • テレビドラマ
  • ドキュメント
  • ナイトスクープ
  • バラエティー
  • ビデオ
  • 京都
  • 出演
  • 受賞
  • 徹子
  • 探偵
  • 撮影所
  • 映画
  • 時代劇
  • 東映
  • 現代劇
  • 番組
  • 美方郡
  • 部屋
  • 香住町
  • 香美町
  • せいぞう
  • はしもと
  • 先生
  • 出身
  • 愛称
  • 所属
  • 斬られ役
  • 本名
  • 橋本
  • 清三
  • 異名
  • 著書
  • 香住区