生年月日データベース

濱田隆士はまだたかし

生物学者[日本]

1933年 2月3日

2011年 1月19日 死去肺炎享年79歳

濱田 隆士(はまだ たかし、1933年2月3日 - 2011年1月19日)は、日本の地球科学者。
東京大学名誉教授、放送大学名誉教授。
宮崎県延岡市出身。
専門は古生物学(アンモナイトの研究、地球環境変遷史)。
しばしば恐竜の解説でメディアに登場したが、東京湾におけるサンゴ礁の発見でも知られる。
1951年、東京都立日比谷高等学校を卒業。
1955年、横浜国立大学学芸学部(現・教育人間科学部)を卒業。
1960年、東京大学大学院数物系研究科地学専攻博士課程を修了し、東大より理学博士号を取得。
「日本の中部古生界その地史的意義と当時の西太平洋古地理論」。
1980年、東大教養学部教授に就任。
1993年、東大を定年退官し、放送大学教授に就任。
2000年、福井県立恐竜博物館の館長に就任。
2004年、放送大学を退職、名誉教授の称号を得る。
2011年1月19日、誤嚥性肺炎のため東京都武蔵野市の病院で死去。
77歳没。
業績 福井県立恐竜博物館長及び神奈川県立生命の星・地球博物館の館長を歴任した。

■ 関連書籍

古生物学者、地球環境変遷史、東京大学名誉教授。 2011年1月19日、死去。77歳だった。 宮崎県出身。 神奈川県立生命の星・地球博物館や福井県立恐竜博物館の館長を歴任。 テレビ番組で恐竜や科学の解説も行った。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • 宮崎県
  • 延岡市
  • 資料
  • たかし
  • 主題
  • 死没
  • 濱田
  • 生誕
  • 関係
  • 隆士