誕生日データベース

光原伸

漫画[日本]

1964年 1月31日

光原 伸(みつはら しん、1964年1月31日 - )は、日本の漫画家。
広島県三原市出身。
関西大学法学部卒。
本名は原 伸光(はら のぶみつ)。
代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された『アウターゾーン』。
樹崎聖のアシスタントを務めた経験がある。
女子プロレスの大ファン。
妻は同じく漫画家である浅美裕子。
1987年、「処刑の密室」で第23回(1月期)ホップ☆ステップ賞佳作を受賞し、同年に「リボルバー・クイーン」が『週刊少年ジャンプ』1987年サマースペシャルに掲載されデビュー。
その後『週刊少年ジャンプ』1989年(平成元年)サマースペシャルに読み切り作品「マジック・セラー 〜ラスト・コール〜」を掲載、これは後の代表作『アウターゾーン』の原型ともいえる作品となる。
『週刊少年ジャンプ』にて、1991年14号より1994年15号まで代表作『アウターゾーン』を連載。
全15巻に及ぶ長期連載となり、連載終了後の1995年には小説版(山田隆司著、全1巻)が刊行されている。

■ 関連書籍

「光原伸」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 週刊少年ジャンプ
  • アウター
  • ゾーン
  • アシスタント
  • サマー
  • ステップ
  • スペシャル
  • プロレス
  • ホップ
  • 代表作
  • 女子
  • 平成
  • 掲載
  • 樹崎聖
  • 法学部
  • 浅美裕子
  • 関西大学
  • 関連
  • 集英社
  • これ
  • のぶみつ
  • はら
  • クイーン
  • コール
  • セラー
  • デビュー
  • ファン
  • マジック
  • ラスト
  • リボルバー
  • 伸光
  • 佳作
  • 元年
  • 処刑
  • 原型
  • 受賞
  • 同年
  • 密室
  • 本名
  • 漫画
  • 漫画家
  • 経験
  • 連載