誕生日データベース

鈴木宗男

政治家[日本]

1948年 1月31日

鈴木宗男 - ウィキペディアより引用

鈴木 宗男(すずき むねお、1948年〈昭和23年〉1月31日 - )は、日本の政治家。
元衆議院議員(8期、懲役刑確定に伴い2010年〈平成22年〉9月15日に失職)、新党大地代表。
衆議院議員の鈴木貴子は長女。
かつては北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官などを歴任。
地方や弱者を軽視する新自由主義経済政策を強く批判し、ニューディール政策的な公共事業発注により地方経済を回す政策を重視する。
又、北海道の自立、アイヌ民族の権利の確立、雇用の確保、北方領土問題の解決等を訴えている。
鈴木宗男事件において最高裁に上告していたが、2010年9月7日付で上告が棄却され、異議申し立ても9月15日付で退けられたため実刑が確定し、議員資格を失いちょうど1年間収監された(詳細は鈴木宗男事件)。
来歴・人物 自由民主党時代 十勝支庁足寄町大誉地出身で保守系がひしめいていた旧北海道5区選出の衆議院議員であった、中川一郎の秘書を務める。

■ 関連書籍

政治家、新党大地代表 同郷で歌手の松山千春と親交が深く、著名人とのパイプも太い。 昭和23年1月31日 北海道足寄町大誉地に生まれ(1948年生、(団塊の世代)) 昭和45年3月 拓殖大学政治経済学部卒業。在学中より中川一郎議員秘書を行う。 昭和58年12月 衆議院議員に初当選  以後5期連続当選。防衛政務次官、外務政務次官、北海道開発庁長官、官房副長官などを歴任。 平成14年に政治スキャンダルが噴出。6月18日に逮捕され、斡旋収賄罪、受託収賄罪、政治資金規正法違反、議院証言法違反で立件される。 平成16年11月 東京地裁で全ての事件で有罪と認定され、懲役2年追徴金1100万円判決を受ける。一連の事件を「国策捜査」として検察を批判して無実を主張し、控訴。 平成17年8月 衆議院解散により出馬 平成17年9月 衆議院比例区北海道ブロックで当選 平成20年2月 東京高裁で控訴棄却となり、懲役2年追徴金1100万円の有罪判決が維持。ただちに上告。 平成21年8月 衆議院比例区北海道ブロックで当選 平成21年9月 衆議院外務委員長に就任 平成22年9月 最高裁で上告棄却となり、懲役2年追徴金1100万円の有罪判決が確定。衆議院議員を失職。 平成22年12月 東京拘置所に収監。今後、刑務所に移送される。 平成23年12月 出所。新党大地を新党大地・真民主に改名(翌年、元の政党名に戻す)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 政策
  • 長官
  • 事件
  • 経済
  • 上告
  • アイヌ
  • ニューディール
  • ロシア
  • 主義
  • 公共事業
  • 内閣
  • 北方領土
  • 北海道開発庁
  • 問題
  • 国務
  • 地方
  • 大地
  • 大臣
  • 官房
  • 実刑
  • 平成
  • 懲役
  • 政治家
  • 新党
  • 日本
  • 棄却
  • 民族
  • 沖縄開発庁
  • 確定
  • 自由
  • 議員
  • 鈴木貴子
  • 雇用
  • ちょうど
  • 代表
  • 北海道
  • 収監
  • 失職
  • 弱者
  • 批判
  • 振興
  • 最高
  • 最高裁
  • 権利
  • 歴代
  • 歴任
  • 沖縄
  • 異議申し立て
  • 発注
  • 確保
  • 確立
  • 自立
  • 衆議院
  • 裁判所
  • 解決
  • 詳細
  • 資格
  • 軽視
  • 重視
  • 長女
  • 関係