生年月日データベース

小此木啓吾

精神医学者[日本]

1930年 1月31日

小此木 啓吾(おこのぎ けいご、1930年1月31日 - 2003年9月21日)は、日本の医学者、精神科医、精神分析家。
元慶應義塾大学環境情報学部教授。
元東京国際大学教授。
医学博士。
青年が大学を留年しつづけ、その後も定職につかない傾向の増加を分析し、彼らを人生の選択をさけていつまでも可能性を保ったまま、大人になることを拒否して猶予期間にとどまる「モラトリアム人間」と呼んだ。
1930年東京に生まれる。
1954年慶應義塾大学医学部卒業。
1960年医学博士。
1972年慶應義塾大学医学部助教授。
1990年慶應義塾大学環境情報学部教授。
後に東京国際大学人間社会学部教授。
フロイト研究や阿闍世コンプレックス研究、家族精神医学の分野では本邦の第一人者である。
著書はいずれも平易な記述であり、難解な精神分析理論を専門家のみならず広く一般に紹介した功績は大きい。
最新の精神分析理論を学び、晩年は自己心理学の流れを汲んだロバート・ストロロウらによる間主観的アプローチに強い関心を示していた。

■ 関連書籍

日本の精神科医、精神分析家。専門は精神分析学。 1930年〜2003年。 慶応義塾大学医学部卒業。 慶応義塾大学教授、東京国際大学大学院教授、日本精神分析学会会長などを歴任。 フロイトの研究を始め、現代の精神分析を研究して広く紹介した。 大学を留年しつづけ、その後も定職につかない青年の増加を分析し、彼らを人生の選択をさけていつまでも可能性を保ったまま、大人になることを拒否して猶予期間にとどまる「モラトリアム人間」と呼んだ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • おこのぎ
  • けいご
  • 啓吾
  • 小此木
  • 東京都
  • レイアウト
  • 死没
  • 生誕