誕生日データベース

庄司紗矢香

バイオリン奏者[日本]

1983年 1月30日

庄司紗矢香 - ウィキペディアより引用
庄司 紗矢香(しょうじ さやか、1983年1月30日 - )は、東京都国分寺市出身の、日本のヴァイオリニスト。
1999年、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールにて史上最年少で優勝。
人物・来歴 幼少時代 東京に生まれた。
画家である母の留学に伴い、3歳からシエーナに移り、2年間を送る。
最初ピアノを習っていたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリン演奏を見たことがきっかけとなり、5歳からヴァイオリンを始めた。
帰国後、国分寺市内の小学校に進み、1994年、6年生の時に第48回全日本学生音楽コンクール東京大会、全国大会で第1位を獲得した。
ヨーロッパ留学 1995年、キジアーナ音楽院において、ヴァイオリンをウート・ウーギ、室内楽をリッカルド・ブレンゴラに学び、1997年にはイスラエルより奨学金を得てシュロモ・ミンツに学んだ。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 幼少
  • 時代
  • ヴァイオリン
  • 留学
  • キジアーナ
  • グラフィー
  • コンクール
  • シエーナ
  • ディスコ
  • パガニーニ
  • ヨーロッパ
  • ヴァイオリニスト
  • 出典
  • 受賞歴
  • 国際
  • 活動
  • 表現
  • 近年
  • 音楽
  • 音楽院
  • コンサート
  • ピアノ
  • 優勝
  • 史上
  • 年少
  • 最初
  • 東京
  • 演奏
  • 画家