誕生日データベース

矢崎泰久

ジャーナリスト[日本]

1933年 1月30日

矢崎 泰久(やざき やすひさ、1933年1月30日 - )は、日本の編集者。
元『話の特集』の編集長、フリージャーナリスト。
私塾「学校ごっこ」常任講師。
別名、笠倉 泰久。
来歴・人物 文藝春秋社社員で菊池寛の秘書役だった矢崎寧之(笠倉寧之)の息子として東京府に生まれる。
幼名、祥夫(さちお)。
国文学者物集高量は叔母八重の夫。
やはりおばの佐藤碧子は菊池寛の秘書かつ愛人をつとめ、小磯なつ子の筆名で直木賞候補作家となった。
父の義兄、石井英之助は六興出版社社長。
次男は『週刊アスキー』編集部の矢崎飛鳥。
話の特集社独立 小学校から高校までを成城学園で過ごす。
早稲田大学政治経済学部政治学科中退。
日本経済新聞社記者や内外タイムス記者を経て、1965年に父親の経営する日本社から『話の特集』を創刊。
1967年に邱永漢の出資により話の特集社を独立させた。
デザイナー和田誠、放送作家永六輔、俳優伊丹十三など、他方面で活躍していた才能をイラストレーター、ライターとして雑誌に起用した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 出演
  • ジャーナリスト
  • 共編
  • 国文
  • 多方面
  • 学者
  • 宣告
  • 文藝春秋
  • 東京
  • 活動
  • 独立
  • 番組
  • 皇室
  • 矢崎
  • 破産
  • 秘書
  • 笠倉
  • 菊池寛
  • 著書
  • 話の特集
  • 趣味
  • さちお
  • フリー
  • 別名
  • 学校
  • 常任
  • 幼名
  • 息子
  • 泰久
  • 社員
  • 祥夫
  • 私塾
  • 講師