誕生日データベース

佐々木孝丸ささきたかまる

演出家俳優[日本]

1898年 1月30日

1986年 12月28日 死去心不全享年89歳
佐々木孝丸 - ウィキペディアより引用
佐々木 孝丸(ささき たかまる、1898年1月30日 - 1986年12月28日)は、日本の俳優、プロレタリア作家、演出家、劇作家。
戦前のプロレタリア演劇運動の中心人物であり、演出家・俳優として先駆座、前衛座、東京左翼劇場に参加。
落合三郎の筆名でフランス文学の翻訳や『筑波秘録』などのプロレタリア戯曲も執筆しており、革命歌「インターナショナル」の日本語訳詞者としても知られている。
また、亡くなるまで熱心なエスペランティストであった。
戦後は映画、テレビドラマで脇役俳優として活躍した。
著書に『風雪新劇志 わが半生の記』など。
元女優の佐々木踏絵は娘、俳優の千秋実は娘婿にあたる。
孫の佐々木勝彦も俳優。
来歴・人物 1898年(明治31年)1月30日、北海道川上郡標茶町に釧路監獄の教誨師をしていた僧侶の3男として生まれる。
1905年(明治38年)、父が実家の寺を継ぐことになり、香川県綾歌郡端岡村(現在の高松市国分寺町[1])に移住する。
高等小学校卒業後、後継ぎにさせられるが、僧職を嫌ったため、1913年(大正2年)に神戸通信生養成所に入り、同年暮れから3年間、神戸郵便局電信課で通信事務員として働く。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • プロレタリア
  • テレビドラマ
  • 映画
  • 演出家
  • インターナショナル
  • エスペランティスト
  • フランス
  • 作家
  • 俳優
  • 全集
  • 前衛
  • 劇作家
  • 劇場
  • 北海道
  • 川上郡
  • 左翼
  • 文学
  • 東京
  • 標茶町
  • 著作
  • 革命
  • 三郎
  • 中心
  • 作品
  • 先駆
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 半生
  • 参加
  • 執筆
  • 戦前
  • 戦後
  • 戯曲
  • 新劇
  • 日本語
  • 活躍
  • 演劇
  • 秘録
  • 筆名
  • 筑波
  • 翻訳
  • 脇役
  • 落合
  • 著書
  • 訳詞
  • 運動
  • 風雪