誕生日データベース

中上紀なかがみのり

作家[日本]

1971年 1月29日

中上 紀(なかがみ のり、女性、1971年1月29日 - )は、日本の小説家。
中上健次・紀和鏡夫妻の子として東京に生まれる。
高校、大学時代の10年間をカリフォルニアとハワイで過ごす。
ハワイ大学芸術学部卒、東洋美術を学ぶ。
アジア各地を旅行し、1999年、ビルマ紀行を上梓し、「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞、以後、作家、紀行文作家として活躍する。
著書 イラワジの赤い花 ミャンマーの旅 (集英社、1999年) 彼女のプレンカ (集英社、2000年 のち文庫) パラダイス (恒文社21、2001年) 悪霊 (毎日新聞社、2002年)(アジア・ノワール) いつか物語になるまで (晶文社、2004年) 夢の船旅 父中上健次と熊野 (河出書房新社、2004年) 再びのソウル「記憶」 (荒木経惟と共著 アートン、2004年10月) アジア熱 (太田出版、2004年) シャーマンが歌う夜 (作品社、2005年) リオ 旅に出た川 (黒田征太郎絵 ニーナ・コルニエッツ訳 アートン、2005年) 水の宴 (集英社、2005年) 蒼の風景 (アートン、2006年) 月花の旅人 (毎日新聞社、2007年) 海の宮 (新潮社、2009年) 熊野物語 (平凡社、2009年)。

■ 関連書籍

  • タイトル
    シャーマンが歌う夜
    著者
    中上紀
    発売元
    作品社
    発売日
    2005-12
    新品価格
    ¥ 1,512 より
    中古商品
    ¥ 698 より
  • タイトル
    月花の旅人
    著者
    中上紀
    発売元
    毎日新聞社
    発売日
    2007-07-01
    新品価格
    ¥ 1,836 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    いつか物語になるまで
    著者
    中上紀
    発売元
    晶文社
    発売日
    2004-06-07
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 136 より
  • タイトル
    韓国・朝鮮の知を読む
    著者
    野間秀樹
    発売元
    クオン
    発売日
    2014-02-05
    新品価格
    ¥ 4,104 より
    中古商品
    ¥ 2,259 より
  • タイトル
    彼女のプレンカ (集英社文庫)
    著者
    中上紀
    発売元
    集英社
    発売日
    2006-05-01
    新品価格
    ¥ 535 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    熊野物語
    著者
    中上紀
    発売元
    平凡社
    発売日
    2009-07-01
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 515 より
  • タイトル
    29歳
    著者
    発売元
    日本経済新聞出版社
    発売日
    2008-11-14
    新品価格
    ¥ 1,620 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    イラワジの赤い花―ミャンマーの旅
    著者
    中上紀
    発売元
    集英社
    発売日
    1999-04
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,800 より
  • タイトル
    アジア熱
    著者
    中上紀
    発売元
    太田出版
    発売日
    2004-04-25
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    夢の船旅-父中上健次と熊野
    著者
    中上紀
    発売元
    河出書房新社
    発売日
    2004-07-30
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 32 より

■ 音楽作品

  • タイトル
    HANA
    歌手
    新韓楽
    発売元
    ユニバーサル ミュージック
    発売日
    2015年11月11日
    新品価格
    ¥ 2,457 より
    中古商品
    ¥ 1,282 より

作家。1971年東京生まれ。中上健次・紀和鏡夫妻の娘。ハワイ州立大学芸術学部美術史科卒。 小学校の卒業旅行として父・中上健次に連れられていったフィリピンへの旅が出会いとなり、アジアの国々に興味を持つようになる。 高校、大学時代はカリフォルニア・ロサンゼルスとハワイに在住。また、そこで東洋美術の美しさに出会ったことをきっかけに、アメリカ、アジア、南米など各地を旅しながら現在に至る。 99年、ミャンマーの旅を綴った紀行文「イラワジの赤い花」(集英社)を上梓。同年、「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞。小説のほか、紀行文、エッセイなど多方面に渡るテーマで執筆中。 (引用元 Hatena Keyword)

「中上紀」と関連する人物

連想語句
  • アジア
  • アートン
  • ハワイ
  • 大学
  • 著書
  • 集英社
  • すばる
  • コルニエッツ
  • ニーナ
  • プレンカ
  • ミャンマー
  • 作家
  • 国分寺市
  • 彼女
  • 文学
  • 毎日新聞社
  • 熊野
  • 物語
  • 荒木経惟
  • 黒田征太郎
  • イラワジ
  • カリフォルニア
  • カリフォルニア州
  • シャーマン
  • ソウル
  • ノワール
  • ハワイ州
  • パラダイス
  • ビルマ
  • リオ
  • 上梓
  • 中上健次
  • 以後
  • 作品社
  • 共著
  • 出版
  • 受賞
  • 各地
  • 太田
  • 学部卒
  • 平凡社
  • 年鑑
  • 恒文
  • 悪霊
  • 文庫
  • 新潮社
  • 旅人
  • 旅行
  • 時代
  • 晶文社
  • 月花
  • 本社
  • 東京
  • 東洋
  • 河出書房新社
  • 活躍
  • 紀行
  • 紀行文
  • 美術
  • 船旅
  • 芸術
  • 記憶
  • 読売
  • 読売新聞
  • 風景
  • 高校