生年月日データベース

呂比須ワグナーろぺすわぐなー

男子サッカー選手、監督[ブラジル→日本]

1969年 1月29日

呂比須 ワグナー(ロペス ワグナー、Wagner Lopes, 1969年1月29日 - )は、ブラジル・サンパウロ州出身の元プロサッカー選手。
カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB・サンパイオ・コヘイアFC監督。
サッカー指導者。
現役時代のポジションはフォワード (FW) 。
ブラジル名はワギネル・アウグスト・ロペス (Wagner Augusto Lopes) 。
1997年に日本へ帰化し、日本とブラジルの二重国籍者となった。
選手時代 サンパウロ州フランカで8人兄弟の末っ子として生まれる。
11歳の頃から学業の傍ら兄が経営する靴工場で働き、週末には地元のサッカークラブ、インテルナシオナルFCで練習する。
1984年、15歳で親元を離れ(フランカとサンパウロは同州内であるが約400km離れている)サンパウロFCの下部組織に加入。
主にMFとして起用され同年のU-15サンパウロ州選手権で決勝点を挙げ優勝に貢献。
1986年にサンパウロFCとプロ契約を結ぶも出場機会に恵まれず、元ブラジル代表のオスカーに誘われ1987年に日本に渡り、日産自動車サッカー部に加入。

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。 1969年1月29日生まれ。ブラジル・サンパウロ州出身。身長182cm、体重75kg。右利き。 ブラジル名は「ワグネル・アウグスト・ロペス(Wagner Augusto LOPES)」。 1997年に日本に帰化し、名前を呂比須ワグナーに改名。同年、サッカー日本代表に選出され、FIFAワールドカップ・アジア最終予選では3得点をあげる活躍で日本のW杯初出場に貢献した。1998年FIFAワールドカップ本大会ではグループステージ3試合全てに途中出場し、ジャマイカ戦では中山雅史のゴールをアシストした。 2002年に現役引退。2005年にパウリスタFCアシスタントコーチに就任し、2010年からはパウリスタFCの監督を務めた。 2012年シーズンより、ガンバ大阪のヘッドコーチに就任。当初ガンバ大阪は西野朗の後任として呂比須を監督に招聘する予定だったが、呂比須の持つブラジルの指導者資格がJリーグの監督を務めるのに必要なJFA公認S級ライセンスに相当せず、ブラジル全国選手権での指揮経験もなかったため、日本サッカー協会の承認が下りなかった。このためガンバ大阪は、呂比須のサンパウロ時代の恩師であったジョゼ・カルロス・セホーンを監督に招聘した。しかし、開幕から公式戦5連敗と低迷し、3月26日付けでセホーン監督共々解任された。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 時代
  • クラブ
  • 代表
  • 個人
  • 成績
  • 指導者
  • サッカー
  • ブラジル
  • エピソード
  • ゴール
  • タイトル
  • フォワード
  • 帰化
  • 所属
  • 指導
  • 監督
  • 試合
  • 選手
  • アウグスト
  • ポジション
  • ロペス
  • ワギネル
  • 二重国籍
  • 現役
  • 重国籍