誕生日データベース

山口素弘やまぐちもとひろ

男子サッカー選手[日本]

1969年 1月29日

山口 素弘(やまぐち もとひろ、1969年1月29日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロサッカー選手。
ポジションはMF、主にボランチを多く務めた。
選手時代の特徴 運動量は多い訳ではないが、非常に知的で、巧みに相手のパスの出し所を消していき、攻撃の芽を摘む。
また、攻撃の起点となってパスをフィールド全体に散らすと共に、ミドルシュートなどで自身も積極的にゴールを狙う。
1997年2ndステージ第5節のホームの鹿島アントラーズ戦ではボランチとしては珍しいハットトリックを達成した。
ポジション柄、ゲームメーカータイプの選手(日本代表では名波浩、中田英寿、横浜フリューゲルスではエドゥー、ジーニョ)らを下支えする役割を得意とした。
クラブにて 1984年、前橋育英高等学校入学。
1985年、鳥取国体に群馬県代表として出場。
1987年1月、全国高校サッカー選手権大会に出場。
1987年4月、東海大学に入学。
1988年、全日本大学サッカー選手権大会で優勝(東海大学はこの年が同大会へ初出場であり、この年を含めて6年連続で決勝に進出した)。

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー(ボランチ)。 1969年1月29日生まれ。群馬県出身。身長177cm、体重72kg。 優れた状況判断と鋭い読みでピンチの芽を摘み取るボランチ。巧みなパスで攻撃を組み立て、機を見たミドルシュートでゴールも狙う。リーダーシップもあり、サッカー日本代表と所属した4つのJリーグクラブ全てでキャプテンを任された。 1991年、全日空サッカークラブ(後の横浜フリューゲルス)に入団。加茂周監督の下、ゾーンプレスの申し子と呼ばれた。横浜フリューゲルス創設から消滅までを全うし、「ミスターフリエ」と呼ばれた。 1995年、加茂監督によりサッカー日本代表デビューを果たす。FIFAワールドカップ・フランス大会アジア最終予選のホームでの韓国戦では、芸術的なループシュートを決めたが、直後まさかの逆転負けを喫した。その後も日本代表は苦戦が続き、日本サッカー協会は加茂監督を更迭して岡田武史を監督に起用した。山口は岡田監督からの信頼も厚く、ダイヤモンド型の中盤のワンボランチを任され、日本代表のFIFAワールドカップ初出場に貢献した。1998年のFIFAワールドカップ本大会では、グループリーグ3試合に先発出場したが、3戦全敗に終わった。代表通算国際Aマッチ58試合出場、4得点。 2007年限りで現役引退。引退後はサッカー解説者としても活躍。2010年、JFA公認S級コーチライセンスを取得。2012年3月、岸野靖之の後任として横浜FCの監督に就任した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クラブ
  • 代表
  • 成績
  • エピソード
  • テレビ
  • ミッドフィールダー
  • リーグ
  • 個人
  • 出場
  • 出演
  • 受賞歴
  • 大会
  • 大学
  • 引退
  • 所属
  • 指導
  • 時代
  • 現役
  • 監督
  • 著書
  • 試合
  • 選手
  • ボランチ
  • ポジション