生年月日データベース

ロマーリオRomario

男子サッカー選手[ブラジル]

1966年 1月29日

ロマーリオ - ウィキペディアより引用

ロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリア(Romário de Souza Faria, 1966年1月29日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手。
現政治家。
ポジションはフォワード。
1980年代後半から1990年代を代表するストライカーの一人。
なお日本では一般的にロマーリオと多く表記されるが、彼の母語であるブラジルポルトガル語では、冒頭の Ro はホと読む場合も多い(地域・年齢などで異なる)。
そのため現地リオの発音にしたがってホマーリオなどと表記される場合もある。
現在はブラジル上院議員を務める。
長男はサッカー選手で日本のツエーゲン金沢に所属するロマリーニョ。
クラブ ブラジル内外の強豪クラブを渡り歩き、スペイン・FCバルセロナ在籍時の1993-1994シーズンは出場33試合で30ゴールという驚異的な決定力を発揮して得点王を獲得し、クラブをリーグ優勝に導いた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Romário 国籍ブラジル 専門政治家;元・サッカー選手 肩書ブラジル下院議員 本名RomárioDeSouza〉ロマーリオ・デ・ソウザ〈Fariasファリア 生年月日1966/1/29 出生地ブラジルリオデジャネイロ郊外ジャカレンジーニョ 経歴16歳でバスコ・ダ・ガマとプロ契約。1987年にブラジル代表に初選出され、5月対アイルランド戦で代表デビュー。’88年ソウル五輪で得点王に輝き、銀メダルに貢献。同年オランダのPSVアイントホーフェンに移籍。オランダリーグで3度得点王となる。その後、’93年スペインのバルセロナ、’95年ブラジルのフラメンゴ、’96年スペインのバレンシア、’97年フラメンゴ、2000年バスコ・ダ・ガマ、2002年フルミネンセ、2005年バスコ・ダ・ガマ、2006年米国のマイアミなどを渡り歩く。2007年バスコ・ダ・ガマに復帰し、5月自己申告の数字を含む生涯1000ゴールを達成。10月成績不振で解任された前監督の後任として監督に就任、選手兼監督を務めた。W杯は、1990年のイタリア大会から出場。’94年米国大会では5得点を挙げて優勝に貢献、MVPに輝いた。大会前には父親が誘拐され8億円の身代金を要求されたが、「父が解放されなければW杯に出場しない」と声明を出すと、犯人グループはブラジルが優勝できなくなることを心配して父親を解放、事件は解決した。’98年フランス大会は直前に右ふくらはぎを痛め代表落ち。2002年日韓共催大会は予選で活躍しながら、本大会ではルイス・フェリペ・スコラーリ監督の方針で招集されなかった。2004年代表から引退、2008年3月現役を引退。Aマッチ通算88試合出場、71得点。168センチと小柄ながら、ボールコントロールと決定力を武器に、 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • サッカー
  • ブラジル
  • 政治家
  • フォワード
  • 代表
  • 個人
  • 日本
  • 選手
  • ,
  • クラブ
  • ストライカー
  • ツエーゲン
  • ポルトガル語
  • 場合
  • 成績
  • 金沢
  • ソウザ
  • タイトル
  • ファリア
  • フィーリョ
  • プレー
  • ホマーリオ
  • ポジション
  • リオ
  • ロマリーニョ
  • 一人
  • 上院
  • 会議
  • 冒頭
  • 国民
  • 地域
  • 多く
  • 年齢
  • 後半
  • 母語
  • 現在
  • 現地
  • 発音
  • 経験
  • 議員
  • 長男