誕生日データベース

太田誠

プロ野球選手[日本]

1936年 5月20日

太田 誠(おおた まこと、1936年5月20日 - )は、駒澤大学硬式野球部OB会長。
元駒澤大学硬式野球部監督。
来歴・人物 1936年に静岡県浜松市に生まれる。
南部中学校で野球を始め、浜松西高等学校に進む。
1954年夏の甲子園県予選では、三塁手、三番打者として、エース桶田和男(毎日)を擁し準々決勝に進出するが、興津立雄、松浦三千男のいた静岡商に敗退。
卒業後は駒澤大学へ進学し、2年生から三塁手のレギュラーとなる。
東都大学リーグでは日大、専大など伝統校の壁が厚く、1958年春季リーグの2位が最高で、初優勝はならなかった。
1956年春季、1958年秋季リーグで2度首位打者に輝く。
リーグ通算92試合出場、307打数76安打、打率.248、1本塁打、27打点。
ベストナイン1度受賞。
駒大卒業後は電電東京に入社。
1962年の都市対抗に日本ビールの補強選手として出場。
1回戦で電電近畿と対決。
日本ビールは小川健太郎(立正佼成会から補強)から角谷隆らに継投、電電近畿はエース永易将之が好投して共に無得点のまま進む。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 野球
  • 硬式
  • 駒澤大学
  • 学校
  • エピソード
  • キャリア
  • 三塁手
  • 内野手
  • 浜松
  • 浜松市
  • 監督
  • 社会人
  • 興津立雄
  • 西高
  • 関連
  • 静岡
  • 静岡県
  • おおた
  • エース
  • 三番
  • 中学校
  • 中等
  • 会長
  • 全国
  • 出身
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 南部
  • 和男
  • 大会
  • 太田
  • 打者
  • 桶田
  • 毎日
  • 準々決勝
  • 甲子園
  • 県予選
  • 県立
  • 進出
  • 選手
  • 選手権
  • 高等