誕生日データベース

星野之宣ほしのゆきのぶ

漫画[日本]

1954年 1月29日

星野 之宣(ほしの ゆきのぶ、1954年 1月29日 - )は、日本のSF漫画家。
北海道出身。
愛知県立芸術大学美術学部日本画科中退。
代表作に『ブルーシティー』『2001夜物語』『ヤマタイカ』『宗像教授伝奇考』など。
1975年に『鋼鉄のクイーン』でデビュー。
人物・作風 文学者の伊藤整は大叔父にあたる。
星野と同じく手塚賞を受賞して週刊少年ジャンプでデビューした諸星大二郎と親交が深い。
SF作品が続いたのち、一時期創作の方向性に思い悩んだが、神話世界を題材にした作品『ヤマトの火』を手がけるにあたって、先駆者たる諸星大二郎の『暗黒神話』を「これ以外に頼るよすががなかった」と参考にしたという。
『ヤマトの火』は完結を見ることなく中断したものの、のちに代表作『ヤマタイカ』や『宗像教授シリーズ』が生まれ、2人が伝奇ミステリーの2大巨頭として認知されることになった。
緻密な構成と卓越した画力による、スケールの大きなハードSF的ストーリーを得意とする。
初期のタッチはアシスタント経験からか竜崎遼児風や望月三起也風であったが、次第に劇画タッチに変遷し、欧米のハードSF小説をベースとした大胆なアイデアを緻密な作画で描くことで荒唐無稽に陥らないリアリスティックな作風を確立する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

漫画家。1954年北海道出身。 「はるかなる朝」で第9回(1975年上期)手塚賞入選。 第7回手塚賞入選である諸星大二郎と並び称されることが多いが、何か違う。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 宗像
  • 教授
  • 物語
  • アシスタント
  • アニメ
  • インタビュー
  • タイカ
  • ヤマ
  • リスト
  • 伝奇
  • 作風
  • 北海道
  • 受賞歴
  • 学部
  • 展覧会
  • 愛知県立芸術大学
  • 挿絵
  • 日本画
  • 漫画
  • 画集
  • 美術
  • 表紙
  • クイーン
  • シティー
  • シリーズ
  • デビュー
  • ドラマ
  • ブルー
  • 中退
  • 代表作
  • 出身
  • 注釈
  • 鋼鉄