誕生日データベース

横井時敬よこいときよし

農学者[日本]

(安政7年1月7日生)

1860年 1月29日

1927年 11月1日 死去享年68歳
横井時敬 - ウィキペディアより引用
横井 時敬(よこい ときよし/じけい、安政7年1月7日(1860年1月29日) - 1927年11月1日)は日本の農学者・農業経済学者で、東京帝国大学教授・東京農業大学初代学長である。
「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」という言葉は有名。
生い立ち 肥後熊本藩士横井久右衛門時教の4男として生まれる。
父時教は横井小楠の高弟であった。
時敬は幼少の頃より父に侍の道を厳しく叩き込まれたという。
明治4年熊本洋学校に入学、アメリカ人教師ジェーンズの助手として勉学に励んだ。
明治11年9月駒場農学校農学本科(東京大学農学部)を首席で卒業。
塩水選種法の考案 明治15年3月福岡県農学校教諭となり、さらに福岡勧業試験場長に就任し近代農業発展に寄与した。
特に特筆すべきことは塩分濃度の高い塩水に種籾を浮かべ種籾の良し悪しを判断できる、種籾の塩水選種法、塩水選(塩水選種法)の考案である。
明治24年に『重要作物塩水撰種法』を著述している。
明治23年農商務大臣井上馨に抜擢され農商務省農務局第1課長となり、大日本農会幹事も兼ねた。

■ 関連書籍

「横井時敬」と関連する人物

連想語句
  • 熊本
  • 農学
  • 農業
  • 塩水
  • 学校
  • 履歴
  • 日本
  • 明治
  • 東京大学
  • 東京農大
  • 東京農業大学
  • 栄典
  • 格言
  • 横井小楠
  • 精神
  • 経済
  • 考案
  • 肥後
  • 農学校
  • 農学者
  • 近代
  • 駒場
  • アメリカ人
  • ジェーンズ
  • 久右衛門
  • 入学
  • 初代
  • 助手
  • 勉学
  • 卒業
  • 大学
  • 学長
  • 帝国
  • 幼少
  • 教師
  • 教授
  • 時敬
  • 有名
  • 本科
  • 東京
  • 横井
  • 言葉
  • 農学部
  • 農民
  • 首席
  • 高弟