生年月日データベース

アントン・チェーホフAnton Pavlovich Chekhov

作家[ロシア]

1860年 1月29日

1904年 7月15日 死去享年45歳
アントン・チェーホフ - ウィキペディアより引用

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ(ロシア語Антон Павлович Чехов:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ/ラテン文字(英文表記)Anton Pavlovich Chekhov、1860年1月29日・タガンログ - 1904年7月15日・バーデンワイラー)は、ロシアを代表する劇作家であり、短編小説家。
生涯 アントン・チェーホフは、父パーヴェル・エゴーロヴィチ・チェーホフと、母エヴゲーニヤ・ヤーコヴレヴナ・チェーホワの3男として生まれた。
兄にアレクサンドル、ニコライ、弟にイヴァン、ミハイル、妹にマリヤがいる。
父方の祖父エゴールは農奴だったが、領主に身代金を支払って一家の自由を獲得した。
父パーヴェルはタガンログで雑貨店を営んでいた。
1876年に一家は破産し、夜逃げしてモスクワに移住した。
しかしアントンだけがタガンログに残ってタガンログ古典科中学で勉学を続けた。
この頃から詩や戯曲などを書いていたといわれていて、作品名こそ伝えられてはいるが、作品そのものは現存していない。

■ 映像作品

■ 関連書籍

  • タイトル
    ねむい
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-09-14
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    かもめ ——喜劇 四幕——
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-10-07
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    犬を連れた奥さん
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    新訳 チェーホフ短篇集
    著者
    アントン・チェーホフ
    発売元
    集英社
    発売日
    2010-09-24
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 366 より
  • タイトル
    可愛い女
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    ワーニャ伯父さん ——田園生活の情景 四幕——
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-10-07
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-09-14
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-10-07
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    決闘
    著者
    アントンチェーホフ
    発売元
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    馬のような名字 チェーホフ傑作選 (河出文庫)
    著者
    アントン・チェーホフ
    発売元
    河出書房新社
    発売日
    2010-03-05
    新品価格
    ¥ 821 より
    中古商品
    ¥ 370 より

■ 音楽作品

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ ロシアを代表する劇作家・小説家。 1860年1月29日、生まれ。1904年7月15日、死去。 代表作品は戯曲「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」。 小説作品では「六号室」「黒衣の僧」「大学生」など。 他にも数々の短編作品を執筆しモーパッサンと比較されることが多い。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 小説
  • 短編
  • タガンログ
  • ノンフィクション
  • ロシア
  • 人物像
  • 伝記
  • 劇作家
  • 回想
  • 変遷
  • 小説家
  • 影響
  • 戯曲
  • 推理
  • 文庫
  • 日本語
  • 没後
  • 生涯
  • 訳書
  • 評価
  • 近年
  • バーデン
  • ワイラー
  • 代表
  • 多く
  • 関連