生年月日データベース

ウィリアム・マッキンリーWilliam McKinley

政治家、アメリカ合衆国第25代大統領[アメリカ]

1843年 1月29日

1901年 9月14日 死去暗殺享年59歳
ウィリアム・マッキンリー - ウィキペディアより引用

ウィリアム・マッキンリー(William McKinley, 1843年1月29日 - 1901年9月14日)は、第25代アメリカ合衆国大統領。
最後の南北戦争従軍経験者の大統領であり、19世紀最後かつ20世紀最初の大統領。
1880年代までにマッキンリーは共和党の全国的指導者であった。
彼の選挙戦のテーマは、1890年のマッキンリー関税に代表されるような、繁栄のための公式として高率輸入関税を導入することであった。
1896年の大統領選における共和党候補として、彼は対抗馬の民主党候補ウィリアム・ジェニングス・ブライアンに対して金本位制を掲げ、人種間での多元論を促進した。
彼の選挙戦はマーク・ハンナによって指揮され、新たな選挙戦の広告スタイルを導入し、キャンペーン技術は最大のライバルであるウィリアム・ジェニングス・ブライアンを打ち破った。
1896年の大統領選は「進歩の時代」の始まりを示した再編の選挙であるとしばしば考えられる。
マッキンリーは大不況 (1873年-1896年)特に1893年恐慌後、回復に向けて国を率い、金本位制を導入した。

William McKinley (1843年〜1901年) アメリカ合衆国第25代大統領(共)。在任1897年〜1901年。 アメリカ帝国主義の権化。在任中はハワイやフィリピンなどの海外領土を獲得。以後、第一次世界大戦期にウィルソンが登場するまで続く共和党の黄金時代を準備する。 が、再選直後に無政府主義者によって暗殺されている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アメリカ
  • 大統領
  • 選挙
  • マッキンリー
  • 合衆国
  • 金本位制
  • ウィリアム
  • ジェニングス
  • ブライアン
  • 共和党
  • 導入
  • 関税
  • ハンナ
  • フィート
  • マーク
  • 不況
  • 候補
  • 南北
  • 大統領選
  • 恐慌
  • 戦争
  • 時代
  • 最後
  • 進歩
  • キャンペーン
  • スタイル
  • スペイン
  • テーマ
  • ライバル
  • 主義
  • 人種
  • 他言語
  • 代表
  • 促進
  • 公式
  • 再編
  • 回復
  • 執筆
  • 多元
  • 対抗
  • 従軍
  • 技術
  • 指導者
  • 指揮
  • 新規
  • 最初
  • 最大
  • 民主党
  • 経験者
  • 繁栄
  • 翻訳
  • 英語
  • 輸入
  • 高率