生年月日データベース

あざの耕平

作家[日本]

1976年 1月28日

あざの耕平(あざの こうへい、1976年1月28日 - )は、日本の男性ライトノベル作家。
徳島県阿南市出身。
山口大学人文学部卒業。
第9回ファンタジア長編小説大賞において、『霧の都の吸血鬼』で最終選考に残る。
その後『月刊ドラゴンマガジン』誌上で行われた第1回龍皇杯に『Dクラッカーズ』で出場(『月刊ドラゴンマガジン』1998年9月号掲載)するが、優勝は逃す。
1999年1月、富士見ファンタジア文庫より『ブートレガーズ 神仙酒コンチェルト』で文庫デビュー。
『Dクラッカーズ』は、その後富士見ミステリー文庫にてシリーズ化し、新レーベルとして立ち上げられたばかりだった富士見ミステリー文庫を支える人気作となった。
『Dクラッカーズ』は、主人公がジャンキーという設定で、ライトノベルとしては異色の作品であった。
ネットや口コミで人気を伸ばし、「口コミで50万部突破!」が宣伝文句になる。
『BLACK BLOOD BROTHERS』のテレビアニメ化(2006年)をきっかけとして書籍取次会社を退社し、専業作家となる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

小説家。ライトノベル作家。 第9回ファンタジア長編小説大賞において、「霧の都の吸血鬼」で最終選考に残る。その後書き下ろした『ブートレガーズ 神仙酒コンチェルト』でデビュー(“字野耕平”名義)。第1回龍王杯に出場した「Dクラッカーズ」を富士見ミステリー文庫でシリーズ化し、口コミとネット上で人気を伸ばす。 「BLACK BLOOD BROTHERS」は富士見ファンタジア文庫でシリーズ刊行、ドラゴンマガジン誌上で不定期連載され、2006年にはアニメ化もなされた。 (引用元 Hatena Keyword)

「あざの耕平」と関連する人物

連想語句
  • 文庫
  • クラッカーズ
  • 富士見
  • ファンタジア
  • ドラゴン
  • マガジン
  • ミステリー
  • 月刊
  • リスト
  • 作品
  • 大賞
  • 山口大学
  • 阿南市
  • 龍皇
  • コンチェルト
  • シリーズ
  • ジャンキー
  • デビュー
  • ブートレガーズ
  • ライトノベル
  • レーベル
  • 主人公
  • 人文
  • 人文学
  • 人気作
  • 依存
  • 優勝
  • 出場
  • 出身
  • 卒業
  • 吸血鬼
  • 学部
  • 掲載
  • 最終
  • 神仙
  • 設定
  • 誌上
  • 選考
  • 長編小説